田島織物株式会社で西陣織の工場見学

京都市上京区の晴明神社に行きました.
映画「陰陽師」(Amazonで「陰陽師」を買う,「陰陽師 2」を買う)などで知られる安倍晴明を祀った神社です.

「陰陽師」を見たことがないし,あまり信心深くない僕は,こんな写真を撮って遊んだだけですが.
晴明神社の顔出し

ひとしきり遊び,境内を出ると,すぐ隣にお土産屋さんがありました.
どこにでもあるような京都土産と晴明神社にちなんだ「陰陽師グッズ」を,なんの節操もなく広げたアヤシイお土産屋さんです.

ヒヤカシ半分に店内に入ると,奥に広い造りになっていて,奥からは「ばったん,ばったん」という謎の音が聞こえてきます.
張り紙を見ると,そこは西陣織の工場で,自由に見学できるとありました.

ちょうどお昼時で,ほとんどの工員の方はいらっしゃいませんでしたが,社長(先代?現役?)と思しきおじいさんが親切に案内してくれました.

田島織物で織機の説明を受ける
今や,国内における織機業はかなり斜陽だとは思いますが,一時期は日本の軽工業を支えた産業.
その末裔が,京都の片隅に息づいていました.
さらに言葉は悪くなりますが,日陰でも力強く根を張るペンペン草のようでした.雑草扱いはしていますが,機械にもおじいさんにも産業の歴史が重なって見えて,ちょっぴり感動を覚えました.


そして,何よりも感動したのは,織物の細かさです.

Tajima2.jpg
この写真は織機の最後の部分ですが,上の方では縦糸があるだけなのですが,下の方では見事にロゴが浮かび上がっています.
そんじょそこらのレーザープリンターよりも,よっぽど細かい模様が浮かび上がっています.
すごいねぇ.

いったいいくらかかるのかわからないし,そもそもそんな仕事を請けてくれるのかどうかもわからないけれど,例えば結婚式の案内状とか式次第なんかを織ってもらって,台紙に貼り付けたらかっこいいなぁと思ってみたり.絹の手触りだし.
#つーか,そんなチャンスが僕にあるのかどうかは非常に疑問ではあるが.


最後になりますが,今回お邪魔したのは「田島織物株式会社」さんです.
●京都市上京区葭屋町通一条上ル晴明神社南隣
●電話 075-431-3137
●営業時間 9時~18時、無休
(西陣そぞろ歩き/織物より転載)
地図ここらへん

Tajima3.jpg


蛇足になりますが,せっかく面白くてイイものがあるんだから,「陰陽師グッズ」なんかじゃなく,西陣織で勝負させてあげたい会社です.
ぜひ,足をお運びください.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。