さかなや道場 三鷹中央通り店

不案内な街で、夕食のとれるところを物色して歩いた。
場所は、JR三鷹駅南口。
時刻は、2008年2月7日 17:45。

さかなや道場 三鷹中央通り店看板

ふと見ると、海鮮居酒屋の看板が目に入った。
2月7日 16時オープンと書いてある。

腕時計でもう一度現在時刻を確認する。
この店、オープンから105分しか経っていない。
チャレンジャー精神旺盛な京阪奈人3名は、視察と称して、躊躇することなく入店。
知らない街で、開店したばかりの店に入るなんて、なかなかオツじゃないか。




開店したばかりで、やはりちょっと接客に難点があった。
禁煙席をリクエストしたはずなのに、喫煙席に案内された。隣から紫煙が流れてくるのでクレームをつけた。すぐに席を替えてくれたので、特に腹を立てるでもなく、フォローの的確さにむしろ関心。
でも、席を移動する途中の通路で、店のオーナーらしきおじさんが、従業員になにやら説教をしていた。客が通るところで隠すでもなくワーワー言ってるのは、ちょっとゲンナリ。

少々不安のよぎるスタートだったが、料理は抜群に美味かった。

オープンセールで、活ロブスターの刺身が、通常3,960円のところ 1,980円だった(2/9まで)。

活ロブスターの刺身

我々には、ロブスターというよりも、伊勢海老に見えた。ロブスターとは、大きなハサミを有するものだと信じていたのだが、ここのロブスターにはハサミがなかった。また、大きくて長い触角を持っているものを伊勢海老と信じている我々だったのだが、ここのロブスターには大きくて長い触角がある。
まぁ、いいけど、美味かったから

ロブスターの味噌汁

活ロブスターだけあって、触覚がぴくぴく動いてた。身もプリプリしていて美味しかった。
しかも、刺身を平らげた後は、ロブスターの頭を使って味噌汁を作ってくれるというサービス付き (レシートを見たら、とりあえず無料だった)。
この味噌汁が、また、いいダシが出ていてウマウマ。最高ですよ。



活鯵タタキ

活作りシリーズでもう一品、活鯵タタキをオーダー。
写真がブレブレでごめんなさい。
活が良すぎて、シャッターを押す瞬間に、アジがぶるっと身を震わせた。
3枚におろされてるのに、恐るべし生命力。

こちらも新鮮で美味しかったです。

先のロブスターを味噌汁にしてくれたことで図に乗って、このアジの骨の部分も素揚げにしてくれるようお願いしてみた。
すると、快く応じてくれて、こんな感じの骨せんべいになった。

アジの骨せんべい

パリパリして、これまた最高に美味い



そんなわけで、見知らぬ街で、開店したての店に入るというリスキーな行動だったけれど、リターンはかなり大きかった。
超満足。


【さかなや道場 三鷹中央通り店】
住所: 東京都三鷹市下連雀3-34-4 第2にのたかビル2F
Tel: 0422-76-7150
営業時間: 16:00 – 03:00 (日祝は24:00まで)
定休日: 無休


大きな地図で見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。