大竹文雄のブログ: タクシー接待

大竹文雄のブログ: タクシー接待

・・・深夜まで残業することが、避けられない状況であれば、税金で賄われるタクシー代そのものは、国家公務員がタクシー接待を受けても受けなくても変わらない。運転手間の競争が、タクシー料金の値下げ競争にならず、ビールや清涼飲料水の提供という形で行われたのである。つまり、規制によってタクシー料金が値下げできないから、タクシーの運転手が実質的な値下げ競争を行ったのだ。タクシー料金がその分値下げされていたなら、国民負担は減ったはずだ。根本的な問題は、タクシーの料金規制にある。


この冷静かつ適切な指摘にシビれた。
問題の本質がどこにあるのか、見事に示してる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。