『北の旅人』 南こうせつ (俺の里心シリーズ2)

先日、風邪でフラフラしていたので会社を休んで、家でクラクラしながら NHK BShi を見るともなしにつけていた。
すると、『北海道中ひざくりげ』が放送されているじゃないですか。この番組は北海道ローカルの番組で、北海道各地をシミジミと紹介する番組。
僕が見ていたときは石狩市が舞台で、市職員を辞めて魚屋になった男性を追っかけていた。軽トラックに魚介類を積み込んで、屋台のように売り歩くというお話だった。
別にそんなに面白くなかったけど。

そして、当方が北海道に住んでいた時分にも、特にこの番組が好きだったわけではない。つーか、まともに見た記憶は皆無だ。はっきり言って、まったく興味がない部類の番組だった。

しかし、この番組のテーマ曲だけは耳に馴染んでいる。
今でも


る~ るるる~ る~~ るるるる~
るる~ぅ るるる~ るるぅ るるる~


などと、鼻歌だけはしっかり歌える。
#ほらほら、道産子のあなた、この文字列だけで歌えるでしょ?

先日の放送でも、この曲がかかっていたのだが、なにぶん風邪でボーっとしていたので、ハッと気づいたときには曲が終わるところだった。
曲が終わった画面を眺めつつ、メロディをしっかり覚えているのに、曲名も歌詞も、そして歌手が誰なのか、誰が作った曲なのかすら、自分はさっぱり知らないことに気づいた。




でもって、マイナーだからちょっと苦労したんだけれど、調べたら南こうせつの『北の旅人』だと判明した。
そして、やっぱりマイナーだからネットでこっそり聞こうと思っても、さっぱり見つからない。「北の旅人」で検索すると石原裕次郎は次々に出てくるのだが、南こうせつのヤツは全然出てこない(曲名は同じだが、中身はまったく違う)。
唯一聞けたのは、アマゾン内の『北国からの歌便り』の試聴(しかも、ジャケ写が狂ってる)のみ。

でも、45秒しか聞けなくて、いいところで終わってしまうので、この曲への思いは募る一方。
思わず、風邪でゲホゲホ咳きこみながらこのオムニバスCDを買ってしまった。
さっき届いて、しっかりと『北の旅人』を聞いている次第。

うたまっぷで歌詞を読むと、青春系ホームシックな詞で、里心が掻き立てられちゃうんだよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。