ファンボーイズ: STAR WARS ファンのファンによるファンのための映画

A short time ago in a country little far away….

ファンボーイズ』という映画がこの春日本に上陸します。

1998年、『スター・ウォーズ Episode1 ファントム・メナス』の公開前のお話。
スター・ウォーズが大好きな末期がん患者がいた。友人たちは、彼を「世界で最初に『スター・ウォーズ Episode1』を見た人間」として歴史に名を刻ませてやることにした。そこで、アメリカを横断してジョージ・ルーカスに直談判しに行く・・・という映画らしい。

スタッフもスター・ウォーズの大ファンらしく、スター・ウォーズのパロディがたくさんあって、なかなか楽しめる映画らしいです。
日本では未公開だったのですが、「Fanboys(ファンボーイズ)」日本公開を目指す会の活動が見を結んで、2010年4月に東京で公開されることが決まったそうです。
5月には、DVDが発売されるとのこと。

僕は山崎バニラのblogでこの映画のことを知ったのですが、笑える上に、ホロリと泣けるらしい。

とても興味があります。
リリースされたら買おうかと思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (7)

  1. シンフォのウィキの掲示板にこのネタ貼ったんだけどね何時だったか忘れたけどw
    みんなリアクション無かったなぁ〜

  2. そういえば、そっちの掲示板でなんか見たことがあるような気がしてきた。

    でも、その時はいまひとつピンとこなかったんだ。ごめん。

  3. 放送されているのは知っていたのですが、見ませんでした。
    うちはケーブルテレビなのですが、最安プランで契約しています。すると、NHK-BS がアナログで送信されます。BShi ですら、わざわざアナログになって再送されている。

    へたな画質で見るのが癪で、いつかDVDで見ようと思って、パスしました。

  4. 探してみます。

    しかし、現在、手元に「ニューシネマパラダイス(完全版)」があって、そっちを先に片付けてしまわないと。3時間以上あるらしい、完全版は短いバージョンよりも面白く無いらしい、という噂を聞いて見るのを躊躇している段階にあります。
    ファンボーイズに関係も罪もない話ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。