NHK『ゲゲゲの女房』第69回

 7月から出演する新キャストの中で知っているのは風間トオルだけであり、一時期はモデル出身俳優として阿部寛と並び称されるほどの活躍だったのに、最近はドラマ『深夜食堂』でカリスマAV男優・エレクト大木なんつー役(僕は未見だが)をやっていると聞いてなんとなく不憫に思っていたりしていたのだけれど、朝ドラに出れて良かったね、がんばってねと密かにエールを送ったりして、ついでに、『深夜食堂』でエレクト大木の母親役がこみち書房のおばあちゃんを演じている佐々木すみ江だということも知って少々驚いている当方が、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の第69回めの放送を見ましたよ。

* * *
「連合艦隊再建」

 茂(向井理)と戌井(梶原善)の起死回生となるはずだった『悪魔くん』は大失敗だった。5冊の予定が3冊で打ち切りになり、完成したばかりの2冊目の原稿料も一部しかもらうことができなかった。残念がる茂だが、力なく笑いながら承諾するしかなかった。せっかく考えた長編用の構想も、急遽短くして話に収集をつけなくてはならない。

 危機的な状況にも関わらず、戌井が帰るやいなや、すぐさまプラモデル作りに没頭してしまう茂。逃避したくなる気持ちが分からないでもない布美枝(松下奈緒)は、茂の作業を手伝ってやることにした。そうしているうちに布美枝もプラモデルの面白さがわかってきて、時間を忘れるほど熱中してしまうのだった。

 作業をしながら、茂は戦艦模型を好きになった理由を話してくれた。幼い時、故郷の境港に多数の軍艦がやって来たことがあった。一人の海軍下士官(五十嵐大輔)と知り合いになり、乗船見学させてもらったり、ついには養子に乞われるほどの仲となった。少し前に軍記物漫画を描いていた時、当時の軍艦の資料を見て、懐かしくなったのだという。
 そしてまた、貧乏でくよくよしていると貧乏神につけ込まれる。だから、楽しいことをして朗らかな気持ちでいることが大切なのだと説くのだった。

 昭和38年11月、衛星中継の実験放送でケネディ暗殺の映像が日本にも伝えられた。
 茂は『悪魔くん』の最終話を描いていた。布美枝は手伝いをしながら原稿を読み、世直しのために戦っている悪魔くんが志半ばで死んでしまうのはあまりにかわいそうだと感想を述べる。茂は、暗殺されたケネディ大統領になぞらえているのだと説明した後に、物語のラストで悪魔くんが将来復活することをほのめかし、期待のもてるラストにしてあるのだと教えてくれた。いつか蘇るという望みがあることに、自分たちの生活を重ねたのか、布美枝は希望を取り戻すのだった。

 化粧クリームのセールスレディをしている靖代(東てる美)が、あちこちから子供用の古着をもらってきてくれた。一緒に彼女が持ってきた噂話によると、貸本反対運動が激化しているという。先日、中心人物の大竹(中嶋ひろ子)がこみち書房で邪険に扱われたことを根に持っているらしい。
* * *





 ナレーション(野際陽子)によれば、『悪魔くん』の失敗で、村井家の経済状況はさらに悪化していくそうです。
 また、今回の『悪魔くん』は打ち切りに終わったけれど、将来別の形で世に出てヒット作になるそうです。作品の最後に「いつか蘇る」と書いたとおりになるそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。