あるにゃんの予防接種

年に一度のあるにゃんの予防接種。

諸般の事情により、あるにゃんとは別居中。しかも彼女は僕のことをこの世で一番嫌っているらしい。半年に1回程度の頻度で里親さんのところへ面会に行くと、僕のことを死神のような目で見て、牙をむきながら唸り声をあげるのだ。そんな感じで、彼女に嫌われている当方はとても悲しい。

とはいえ、彼女の健康のため、年に1度の予防接種は受けさせなくてはいけないのだ。一緒に健康診断もしてもらう必要がある。里親さんの家から、あるにゃんのかかりつけの動物病院であるところのかなか動物病院は、車で30分くらいの距離だ。せめてそのアッシーくんだけは務めさせてもらおうと、本日出かけてきた次第。

猫バッグに入れられることが大嫌いなあるにゃん。僕が車で迎えに行くと、すでに猫バッグの中で悲しそうに鳴いていた。
いつもなら僕を見た途端に威嚇してくるあるにゃんなのだが、猫バッグに対する恐怖心で僕の存在に気づいていない様子。おとなしくしている隙に、さくっとかなか動物病院まで輸送。

観念しています

観念しています



診察台に載せら、ケツの穴に体温計を差し込まれても、抵抗できずフリーズ。すくみあがってしまい、目の前に僕がいても逃げることすらできない。
アナル責めを甘んじて受けるしかない

アナル責めを甘んじて受けるしかない



混乱の挙句、僕に抱き上げられても、なされるがまま。
諦観

諦観




そんなわけで、無事に予防接種は終わり、体重は4.2kgで、特に悪い部分も見つからず。7歳ですが健康体のようです。

こうやって、僕も少しずつあるにゃんと和解していこうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。