NHK『あさが来た』第48回

絶好の洗濯日和になって嬉しい当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の第47回めの放送を見ましたよ。

* * *
第8週『京都、最後の贈り物』

あさ(波瑠)は、正吉(近藤正臣)に銀行を経営したいと相談を持ちかけた。
しかし、正吉は承諾しなかった。正吉は、これからの時代は銀行が必要になることは理解していたし、あさの先見の明にも一目置いている。けれども、今の加野屋にとっては時期尚早だと直感しているのだという。あさの実家・今井家のように、東京の様子を知っているならまだしも、加野屋は大阪のことしかわからないのも不安だというのだ。
あさは、正吉の言うとおりだと納得した。今は九州の炭鉱事業も手がけたばかりで、新たに銀行にまで手を出す時期ではないと思いとどまった。

その頃、九州の加野炭鉱では、小さな問題が起きていた。
組頭・サトシ(長塚圭史)の率いる組の採掘量が目に見えて減っているのだ。親方の治郎作(山崎銀之丞)が問いただすと、サトシは大阪の人間は嫌いだと悪びれることもなく言い放った。鉱山所有者が加野屋に変わってから真面目に働く気が起きないと言うのだった。

はつ(宮﨑あおい)は、母・梨江(寺島しのぶ)から和歌山の土地の権利を借りた。そこで生活を立て直したいという希望を抱いていたが、惣兵衛(柄本佑)にはなかなか言い出せずにいた。
* * *


まとめ記事がスカスカなのは、ドラマ本編もスカスカだったからです。
こちらからは以上です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。