いつも一緒にいたかった。Won’t you ease my worried mind?

僕が通っている音楽教室の発表会に今年も参加します。
10月7日(土)の15時頃から1曲、10月8日(日)の12時頃からもう1曲です。
場所は、奈良県橿原市の音楽ホール音蔵(近鉄大和八木駅から徒歩10分くらい)。入場無料。

この発表会は、バンド形式で行われます。僕はエレキギターを習いに通っているのですが、音楽教室では他の楽器のコースもあります。それぞれのコースの生徒(もしくは講師)が即席のバンドを作って演奏するわけです。

初日(7日)の僕の演奏曲のバンド構成は、
・エレキギター: 俺
・エレキギター: 僕のギター講師
・ボーカル: ボーカル科講師(♀)
・ベース: 生徒さん(♂)
・ドラム: 生徒さん(♀)
です。

曲目は察して下さい。

聞き所は2個所。
一つめは、随所に出てくる、誰でも知っている超有名なギターリフ。僕はこの曲のアレを弾いてみたくてギターを始めたと言っても過言ではない。3年間レッスンに通って、やっと夢が叶いました。オリジナルのようにかっこよくキメられるかどうかは甚だ不安ではありますが、精一杯陶酔して弾く所存。

もう一つの聞き所は、曲の後半のアドリブソロ。ギター講師と掛け合いを試みます。自分がギターを始める前は、ギターソロの何が面白いのかサッパリわからなかった。CDなんか聞いてても、機嫌が悪い時はギターソロを飛ばしたりしてたわけで。
それが、自分がギターを習い始めたら、ギターソロを聞くのを弾くのも聞くのも楽しくて仕方ないようになってきた。学校の勉強なんかも、はじめはちっとも面白くないんだけれど、少しずつわかり始めやどんどん面白くなってくるアレと同じなんだなぁと思う今日この頃です。

みなさんにも同じように楽しんでいただけるかどうかはわかりませんが、「そういう世界もあるんだなぁ」みたいな感じで、ご都合がよろしければぜひ覗きに来てみて下さい。



二日め(8日)のバンド構成は
・エレキギター: 俺
・ベース: 生徒さん(♂)
・ボーカル: 生徒さん(♀)×2
・ドラム: ドラム科講師(♂)
・アコースティックギター: ギター科講師(♂)
となっています。

これは、エレキギター・パートに空きがあったのでサポートを志願しました。
この曲は、昔から勝手に「俺のことが歌われている」と思い込んでいる歌なので是非やってみよう、と。

なお、こちらも曲目は察して下さい。

イントロのピアノが印象的で、ぼんやり聞いていると「どこにギターがあるんだ?」って感じの曲なのだけれど、どうしてどうして、ちゃんとエレキギターがブイブイ言わせてます。
「ピロピロピロピロピロピロ ピロピロピー」とやるところが僕のプチ見せ場です。
ご都合がよろしければぜひ。



今年で3回めの発表会出場なのですが、その点についても触れておきます。

過去2回は、元JK/現JDのかわいこちゃんがボーカルで、僕はその横で鼻の下を伸ばしながらゴキゲンに演奏していました。ところが、今年は彼女は不参加です。
一説によると、学業その他で忙しくなって参加できなくなったと言われています。別の説は、僕の横で歌うのがいい加減イヤになったというものです。直接理由は聞いていないので、よ~わかりません。
理由はどうであれ、残念なことです。

僕が演奏にトチると、彼女は横からキッと睨んで来るクセがありました。それがいい意味で鞭になっていて、ほどよい緊張感を持って演奏に集中することができていたわけです。それが無いとなると、不安でたまらない今日このごろです。

いつも一緒に出たかった、隣で弾いてたかった。
What’ll I do when I get lonely and she isn’t singing by my side?
・・・って感じですが、そういうプッシャーに負けずに本番はがんばります。

リハーサルの模様を撮影した予告動画も置いておきます。
僕のギター講師(画面右)のアドリブパートですが。画面中央の僕は、生意気にも「おい、早く弾けや」ってチラチラ講師を見ているところがポイント。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。