寝屋川、薩摩、お好み焼き、エレキギター

2日前、youtube をつらつら見ていたら、お好み焼き屋の片隅で超絶技巧でエレキギターを弾くおじさんの動画を見つけた。


SATSUMA3042というアカウントで(別途ブログもある)、単に演奏するだけではなく、奏法を丁寧に解説する動画などもある。CDから聞こえてくる細かい特殊奏法や演奏ミス、果ては僕のような素人には判別不能なチューニングの仕方まで完璧に再現する方法を教えてくれる。
そのしゃべり方は朴訥とした関西弁だし、動画編集も素人臭さ満載なのだけれど、ギターが凄くうまくてびっくりする。

しかも、いつもお好み焼き屋の片隅だし。
続きを読む

カート (半年ぶり2回め)

黄金のメット奈良県生駒市にあるスポーツカート阪奈でカート遊びしてきた。
カードデビューは今年の1月(その時の記事)で、それ以来2回め。
前回借りたのと同じ「黄金のマスクヘルメット」をチョイス(ヘルメットのレンタル無料)。

前回はビジター料金(2,500円で5周)だったのだが、今回は会員登録(初年度5,000円、年度更新2,000円)した。2,000円で10周できるわけだが、それを2セットこなしてきた。
座ってハンドルを回したり、アクセルやブレーキのペダルを踏むだけなのに、現在全身の筋肉がプルプルしている。足と腰がだるい。胸骨がなんか痛い。1周50秒弱なので、7分(×2)くらいのものなのに意外にしんどいのに驚く。

肝心のタイムの方だが、前回のベストラップは43.94秒だったのだが、今回は40.02秒まで縮められた。当方比 8.9% の短縮。やったね。

cart_20150628_173216

なお、僕の同僚君はもっと激烈に早かった。
僕が3回のうち2回はスピンする連続ヘアピンを、彼は華麗に走り抜けていく。
その勇姿をごらんください。



カート楽しい。
そんなわけで、京阪奈近郊にお住まいの方、ぜひ一緒に行きましょー。楽しいです。145cm以上の身長さえあれば、特に必要な条件はありません。

Smells like Racer Spirit

ヘルメットをよく見れば黄金のマスク(キン肉マン)のステッカーが貼ってある。

ヘルメットをよく見れば黄金のマスク(キン肉マン)のステッカーが貼ってある。

奈良県生駒市にあるスポーツカート阪奈でカートレーサーデビューしてきた。

1年以上前から、同僚の東大ロボくんと一緒に行こうと約束をしていた。彼はカートが趣味のひとつで、たまに走りに行っているそうだ。僕もこの手の遊びは大好きなので、話を聞いて興味津々ではあった。
しかし、グズグズしているうちに、彼は結婚をして、子供まで生まれた。すると、彼は赤ちゃんをお風呂に入れるという重要な役割を任されると同時に、妻のご機嫌を取りながら毎日を過ごさなくてはいけない立場となった。当然、僕なんかとフラフラとカートやりに行く時間など取れるはずがなくなったのである。

ところが、今は正月である。彼の妻は、正月休みで子供とともに里帰りをしているというではないか。時は満ちた。
鬼のいぬ間にカートである。
続きを読む

誕生日にはフレンチネイルを。

「誕生日にはカトレアを忘れない 優しい人だったみたい」というのは、杏里の『オリビアを聴きながら』の一節なわけで。アラフォー以上なら胸キュン間違いなしの名曲。我らが山瀬まみさまも好きな曲だと言っていた(四半世紀前のコメントだけれど)。
しかし、19歳くらいの女の子にはわからんだろうなぁ、と思う。

ところで先週、ベビーフェイスでポニーテールのよく似合う某女の子が19歳の誕生日を迎えた。
何かお祝いをしてあげようということになったのだが、カトレアを贈っても意味をわかってもらえん可能性が高い。19歳の女の子はシルバーリングをもらうと幸せになれるというジンクスをどこかで聞いたことがあるような気もするが、不惑のおっさんからそんなものを貰ってもキモいだけに違いない。

30秒ほど思案した挙句、「そうだネイルのプレゼントはどうだろう」と思い至った。近鉄奈良駅徒歩圏内に親しい友人がいて、彼女がネイルサロンを開いているので、そこでネイルケアさせてあげるのが良いと考えた。

19歳のベビーフェイス(中略)某女の子は長い間ピアノのレッスンをしていて、爪を長く伸ばすことはできなかったという。そのため、興味はあったものの、これまでネイルをしたことはなかったのだという。
そんなわけでトントン拍子に話がまとまり、本日夕、彼女を知人のネイルサロンにご案内した。

そして、出来上がったのがこれ。

らぶりー

らぶりー


続きを読む

無鮨 むら田 に行ってきた

『あっぱれ1ニッポン国民遺産の山瀬まみ

『あっぱれ1ニッポン国民遺産の山瀬まみ

2014年1月13日放送の『あっぱれ!ニッポン国民遺産』で山瀬まみが大阪市にあるすし店の取材を行っていた。
山瀬ファンの当方としては、もちろん同じ店に行かなくてはならないのである。だから行ってきたのである。

店は、大阪市北区のいわゆる北新地にある「無鮨 むら田」。
番組では主に以下のように紹介されていた。
  • 鮨の味は無限にあると考え、店名に『無鮨』とある。
  • 店主は手元を見ずにきゅうりの千切りを作る。
  • 大阪北新地という有名な歓楽街にあるのに、ランチはたった1000円。
そして、山瀬ファンの当方はテレビ画面を凝視し、山瀬まみの座った席がカウンターに向かって右から4つめだということを突き止めた上で店に向かった。
続きを読む

cafe JUNK 再オープン

僕が初めて cafe JUNK に行った日のことはちゃんと当ブログに記録が残っている。2004年8月14日のことだ。奇しくもちょうど9年前の8月。

その後、同店は2007年7月ころに突如閉鎖。そのこともブログ記事にしてある

この店にはずいぶん通った。今記録を見返してわかったのだが、僕が通っていたのはたった3年だけだったようだ。あまりに馴染みすぎてそれ以上の時間をここで過ごしたような気になっていた。そして、店がなくなってから6年も経っていることに愕然とした。ついこの前まで通っていた気になっていたのだが、なんと6年も経っていたのだ。僕が実際に通っていた3年間の倍の時間が流れている。

そんな cafe JUNK が本日めでたく再オープンした。Webサイトも整備された。縁起物だと思って、オープン直前のWEBカウントダウンのキャプチャも撮っておいた。
cafeJUNK_Countdown
続きを読む

cafe JUNK 2013年8月8日近鉄富雄駅そばで復活

会田薫『梅鴬撩乱―長州幕末狂騒曲―』 タイトルと作者が判明

昨年の7月、以下のような問いかけを発した。

「タイトルも作者もわからない漫画」

以下の情報だけで、それがなんという漫画なのかわかる人はいるだろうか?

(1) 時代劇漫画(幕末物である可能性が高い)
(2) 作者は女性である
(3) 最近(少なくとも 2010年)、この作家初となる単行本が出た
(4) この作品は1巻で完結ではないらしい
(5) 講談社か集英社(もしくは小学館かも)あたりの大手からの出版らしい

その答えがわかった。

続きを読む