馬かんべえ

俺と「開運!なんでも鑑定団」.
レギュラーの放送は隔週で見ることが多い.理由は,僕が住んでいる地元のケーブルテレビ局が,所在地もサービスエリアも京都府であるにもかかわらず,奈良テレビの番組を垂れ流しにしていることと関係がある.奈良テレビは何の変哲もない,テレビ東京のネット局なのだが,ある日偶然視聴した「気ままに駅サイト!」という,“旅人、高山トモヒロ(ケツカッチン)が各駅に降り立ち、街の様子や人々の生活をほのぼのとした雰囲気で伝えます。”てな,奈良テレビの独自製作番組が僕の琴線に触れてしまった.
これが2週間に1回の放送(翌週に,前回の再放送がある)で,放送時間が開運!なんでも鑑定団の直後なのである.そんなわけで,「気ままに駅サイト!」を見逃さないために,鑑定団の放送時間からテレビをつけっぱなしなのである.そういうわけで,隔週で見る.

開運!なんでも鑑定団は,ご存知の通り人気番組であり,土曜の昼下がりなんかに再放送をしていたりする.こっちの方は,けだるい週末の午後によく見ちゃったりなんかする.この再放送版はなかなかオツで,大学時代に見た再放送版では,当時大人気だった華原朋美が「遠峰ありさ」という名前で出張鑑定団のアシスタントをやっていた時代の映像が予期せず放送されたりして,結構お得な感じだった.

先日見た鑑定団の再放送では,「十数年(?)前,当時有名漫画雑誌の編集長だった人が脱サラしてラーメン屋を開業.店を応援するために,親しかった大勢の漫画家が店に色紙を贈った.キャラクター達はみんなラーメンを食べている姿で,非常に珍しい」みたいな話をやっていた.正直,僕にはあまりなじみのない漫画家ばっかりだったけど,あだち充や藤子不二雄(なんと,ラーメンの小池さん!)なんかは知っていて,「ほーっ」と思ったわけで.
いつかチャンスがあったら,生で見てみたいなぁ・・・・・・・・

と思っていたら,チャンスがあったわけで.
馬かんべえの店内

行ってきました,馬かんべえ(高輪台店).
テレビに出ちゃったり,主人がWEBに露出したり(テレビに出ていた親父さん,色紙のある高輪台店の二代目ご主人)で,結構派手目でやってるんだろうなぁという事前の予想はいい意味で裏切られました.

店は小さくこじんまりとしており,ぜんぜんオサレげじゃなくて,有名漫画家の色紙以外は,いたって普通な素朴なお店でした.ラーメン屋に似つかわしくない,ブルースが店内でかかっていたり(僕が入店したときは,ちょうどEric Clapton の MTV Unpluged収録のWalkin’ Blues だったと思う.まぁ,アレです,僕のお気に入りです.).

ラーメンは,スープの色を見ると黒っぽくてこってりっぽく見えますが,食べてみると意外なあっさりしょうゆ味.
ご主人曰く「こちらに,ニラをきざんでしょうゆに漬け込んだものがあります.スプーン一杯入れると味が変わりますから,どうぞお試しください」とのことなので,試してみると,今度はまったりとしたしょうゆ味に変身.おいしゅうございました.
(本当は,ラーメンの写真も取ったんだけど,保存し忘れた)

店内の写真を撮っていいものかどうかわかんなかったので,オドオドと「写真とっていいっすか?」(色紙の写真は公式ページにあるのでそちらをご覧ください.もっと近くで撮りたかったけど,色紙の前にはお客さんがいたので,遠慮しました)と聞いたら,ご主人(二代目)は気さくに応諾してくれたり.

今回の出張中に,もう2,3回行きそうな予感.
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

  1. mayasuke
    前フリ長いよ!(笑)

    色紙を書いた漫画家、宮本武蔵を書いた人だけわからない・・・トップ絵にもなってるのに・・・。あとは超有名所、ビッグコミック系ですだ。

    美味しいラーメン屋さん、行きたい。
  2. 木公
    普段,必要なことのみを過不足なく文章にする仕事をしちゃったり,やらされたり,サボったりしているわけで.

    プライベートの息抜きくらい,どーでもいいたわごとをツラツラと書いてみたいお年頃なわけで.

    サーバのHDDも数GBの空きスペースがあるわけで,くだらないたわごとだけでこれが埋まるかどうかチャレンジしてみたいわけで.

    HDDが5GB空いているとして,5GB = 全角2.5G文字 = 2,500,000,000文字 埋めにゃならん.1秒に1文字書いたとして,約80年かかる.すげぇな,おい.
    つーことは,120歳まで生き続ける必要があるな.待て待て,寝る時間を6時間とすると・・・(以下,省略)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。