「1日」という字は,旧ザクの「旧」の字に似ている

今日は未明から酷い日だった.

0時過ぎ,吉祥寺から京王線で池尻大橋のホテルに帰ろうとした.しかし,すでに最終電車は出発した後だった.仕方なくJRで渋谷まで行くこと.途中,乗り換えのホームを間違えて,山手線を1本逃したり,渋谷駅から歩こうにも迷ってしまって,ホテルから一番遠い出口に出てしまったり,蒸し暑くて汗だくになったりして,1時半頃ホテルに到着.散々.

朝,連日の夜遊びで,頭はフラフラ.コンタクトをつけるも,目がショボショボで,むしろ痛い.しかし,視力の関係で,メガネだと講義(後述)のスクリーンの文字が見えないので,我慢して装着.しかも,朝8:50スタートで16:00までだ.うんざり.

某大学でとある講義を受ける.講義室は満員で窮屈.2時間目から大きな部屋に移動することになり座席は広くなったが,質問用のマイクが用意されていない.どうしても質問したいことがあって,海に向かって「青春のバカやロー」と叫ぶくらいの大声で講師に質問する.つーか,そんな大声で理路整然と話なんかできますかって? なんか,自分がアジ演説してる気分になってくるし.鬱.
あと,講義では,Terai-s氏に声としゃべり方がそっくりな人がいた.僕は最後尾に座っていて,彼は最前列なので顔は見えなかったけれど,「え!?Terai-s氏は今頃ペキンにいるはずでは?なんでここにいるの?」とギョッとしてしまったくらい.そこまではほのぼのしていていいんだけれど,この似非Terai-sのヤローは,話が長い.とうとうと演説ぶってるし.俺は,お前の演説をききに来たんじゃねーっつーの.なんか,どーでもいい事をしゃべってるみたいだし.他の人の質問の時間を浪費してることにいい加減気づけっての.思わず,舌打ち.

昼,大学生協は休みだった.マクドナルドも満員だった.
木陰のベンチに座って,ボーっとタバコ吸ってみる.ちょっぴり冷静になる.
某女の子(女の子?女の子なのか?)からメールがきたり,別の女の子(女の子!女の子だよ!)から電話が来たりして,ちょっぴり機嫌が良くなる.

午後,講義再開.「私は,早めに終わって,30分ほど質疑応答の時間をもうけますね」と冒頭に言っていた講師は,講義時間を2分しか残さずしゃべりまくり.いっぱい聞きたいことがあったのに,断腸の思いで質問の内容を絞り込む.考えていたせいで,手を挙げるのが出遅れた.そしたら出たよ,似非Terai-s.またどーでもいい事を演説してるし.かなり頭にきて,「なんだよアイツ」と吐き捨てて(マジ)教室を後にする.イライラ.

山手線には,浴衣を着た女の子がいっぱい.今日はもしかして,花火大会かなんかですか?雨っぽいけれど,皆さん楽しそうですねぇ.僕は重い荷物を抱えて,これから花のない田舎町に帰りますよ・・・.とほほー.

新幹線に乗る.
「今日は散々な一日だったなぁ.自宅の最寄り駅についても,きっとバスも終わっていて,タクシーかもなぁー.金ねーのに」
と沈みながら,窓の外を見る.
夜の新幹線って,実は怖い.きっとパンダグラフの光だと思うんだけれど,時々,フラッシュを焚いたように窓の外が光る.あんまり楽しいもんじゃない.

やさぐれて,パンダグラフのフラッシュを見ていると,遠くに赤や青の火花が見えちゃった.
「寝不足のせいかなー.花火が見えるよー.疲れてるね,俺ー」

いや,マジ花火だった.
ちょうど駅を通過したので駅名を見たら浜松だった.
遠くで打ち上げられているけれど,手のひらを広げたくらいの大きさで見えた.
新幹線の速度もあって,2分くらいしか見えなかったけれど車窓に顔を押し付けて,スケベな現代文の高校教師がちょっと悪さをした女生徒を生活指導室に呼びつけて密室でいやらしく頭のてっぺんから足の先までじろじろ見るときのように,かぶりついて見た.

こんな経験,めったにできない.

今ちょうど,名古屋を出たところ.家に着くにはまだ2時間以上かかるだろうけれど,ベッドに入ったら「実はいい1日だったかもな」と呟きながらぐっすり眠れると思う.るんるん.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。