PDトーナメント

戦略ゲーム『繰り返し囚人のジレンマ』記念大会開催 (Hotwired Japan)
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20041015303.html


「何を,今さら・・・」とちょっと思った.

記事を読むと,往年のAxelrod のトーナメントとの大きな違いは,以下の点のようだ.
「トーナメント参加者(戦略を考える人間)は,1人あたり複数の戦略を投入してよい」
そのため,特定の”信号”(協力/非協力のパターンか?)を準備しておいて,自分の仲間だと認識すれば相互協力を行い,他の参加者の戦略だと認識すれば非協力して相手の利得を引き下げるといったことが可能だったようだ.

「なんか,面白くないトーナメントだなぁ」と,ちょっと思わないでもないが,一方で「Axelrod 流のPDトーナメントでは固体レベルの適応度しか考えてなかったけれど,今回のトーナメントでは進化生物学の包括適応度という概念に踏み込んだのか?」と,ちょっと思ってみた.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (1)

  1. 進化的ゲームのシュミレーションって、木公クン
    の方がずっと詳しいと思うけど、コンテストで優
    勝した戦略で、繰り返しゲームのナッシュ均衡に
    なる戦略以外のものってあるの???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。