本日,ヒネリなし.淡々と・・・

【寺社仏閣しりとり】
苦役所1 大阪編」で大阪市内チャリ迷走18時間を行ったTKSさんが,馬鹿パワーを再充填して帰ってくる.
今回は,京都市が舞台だ.

京都寺社仏閣しりとり

ルールは、
○寺、○院、○神社、○大社 など
○の部分しりとりを行う。

彼のライフワークになりそうな仕事.

【かまゆで中華 とんとん】
地図ここらへん
営業時間:11:00 – 24:00

「かまゆで中華」,すなわち,要するにラーメン.
醤油ラーメンは鳥ガラスープのあっさり系だった(と思う.当方味覚オンチのため,信じるな).俺は好きだよ.
チャーハンは,イマイチかなぁ.

内装は,典型的な庶民的ラーメン屋(カウンターテーブルが真っ赤だったり,油で汚れたメニューやポップだったり).
しかし,掃除は行き届いていて,不潔な感じはしない.

しばらく通っちゃうかも.
「見習い中」の札をつけた女の子が,ストライクだったので.
色白でかわいい系で,あごに南野陽子風のほくろがあるのは,僕に対して反則でしょー.
わざわざ「チャーハンとラーメンを一緒に食べたら,おなかいっぱいになるかな?どう思う?」と会話の糸口作ったり.

【森瑶子】
なぜか自宅に落ちていた「ベッドのおとぎばなし」(未読)を,上記とんとんで注文待ちの間に少し読んでみたり.
1本あたり10分くらいで読めちゃう短編集だから,細切れの時間にちょうどいい感じ.

「ブラディー・メリー」という話,オチは読めまくり.その点は,ちょっとげんなり.

「ご一緒できるのは六時半までよ」女はやんわりと機先を制した.
男はブルー・グレーのスーツの袖口を上げ,腕時計をちらと見て,
「それだけあれば充分だ」とニヤリと笑った.
「それだけあれば,色々なことができるな.たとえばあと二杯はブラディー・メリーが飲めるし,文庫本だったら短編が二本は読める.ここから新宿の駅までジョギングの二往復は可能だし,場合によっては」と意味ありげに一呼吸置き,「ホテルのフロントへ行って部屋を予約して,シャワーを浴び,かなり濃厚なセックスだって不可能じゃない–むろんたとえばの話ですよ」と結んだ.
「そのどれにも興味はないわね」と,女はわざとつんと答えた.「ブラディー・メリーをあと二杯も飲む気はないし,短編小説ってのは感動する前に終わってしまうって感じで好きじゃないわ.それからジョギング?大嫌い.走るのって,およそ退屈よ.たとえ,たとえばの話でもね」
「じゃ最後のは?」
「アイディアとしては,今いった中で一番面白いわね」女はニコリともせずに答えた.「するかしないかは別にして」

(森瑶子『ベッドのおとぎばなし』)

こういう洒落の言える大人になりたかったなぁ,と,ちょっと遠い目をしてしまった.今や下品な会話の塊になっちゃったしなぁ.

しかし,山城町の畑に囲まれて何の色気もないラーメン屋で読んでいたのだけれど,気分だけは都会の高級ホテルの地下のバーでウィスキーでも引っ掛けているよにトリップできたから,安上がりで楽しい時間をすごせたなぁ...

ついでに,「見習い」の女の子に,キザなせりふでも投げかけてみようかと思っちゃった.
もちろん,根性なしだから,そんなことはできないんだけれど.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (3)

  1. tks

    木公様
    いろいろとご助言ありがとうございます。
    この結末どう落とそうか悩みどころですが、ロマンを求めていってきます。
    途中報告お楽しみに。

  2. merlin

    とんとんなら アンかけチャーハンかな?

  3. 木公

    tksさん:
    今回,静か~に見守っています.
    初日に3ヶ所でしたね.次回はいつっスか?
    つーか,みんなはボロボロになりながら瞑想している姿に期待していると思いますので,期待を裏切らないでくださいね.;-p

    merlinさん:
    あんかけチャーハン,確かにメニューにありました.
    次回,試してみます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。