「1/72 紅の豚 サボイアS.21F 後期型」GET

先日購入した,「1/72 紅の豚 サボイアS.21F 後期型」を本日受領(購入のときの記事 / Amazon で購入).

ちょっくら,製作記でもつけてみようかと.
まずは,開封.


外箱です.
外箱
箱から得られる主な情報としては,

  • メーカーはファインモールド.(ていうか,いまWEBサイト見たら,1/48モデルが発売になってるし!)
  • 接着剤,塗料別売り.はめ込み式モデルではないので,接着剤必須の模様
  • 完成時の全長115ミリメートル
  • 座席にはポルコとフィオが座っている
  • 別途,1/48のポルコ像つき




中を見てみる.
中身
わりとスカスカ.思わず,肩透かし.




内容物を並べてみる
内容物
やはり,スカスカ.
パーツは少ないくせに,組み立て説明書が充実.B5(だよね?A4より一回り小さいサイズ)8枚分ある.

説明書のうち3枚はSAVOIA S.21Fにまつわるエピソード集.エピソード集のはじめの1ページ強は,「紅の豚」と同じプロットの話が述べられているが,なぜか登場人物名等は異なっている.残りの2ページ弱で,SAVOIA(これって,実在しない機体)のモチーフとなった機体の紹介.ただし,エンジンの「フォルゴーレ」のみは実在したらしい.

説明書の4ページ目は塗装例.ここには「紅の豚」のSavoiaの塗装例のほか,「もし,Savoiaがイタリア軍に採用されていたら・・・」というフィクション用塗装例が紹介されている.イタリア軍用のデカールも付属.しかも,イタリア本土防衛用とスペイン内戦派遣用という2種類の塗装例とデカールが付属する懲りよう.

残りの4ページで,組み立て説明.


というわけで,説明書を熱心に読みふけり,今日の作業は終了.;-)
次の作業予定は,工具と塗料の購入かな.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (9)

  1. ああ・・・・いいなぁ・・・。
    ニッパでパチンプチン、
    サンドペーパーで、シュリーシュリーシュリー、
    シンナーで、ふはぁー

    いやぁ、楽しみですね、完成が!
    木津川から離水はできそうですか?

  2. おぉ・・・1/48のサイトみました。

    んぐ。(ごくりっ)

    ・・・買います。
    でもAmazonにはまだ来てませんね。
    プラモ屋でも久々に覗こうかな・・・すべての
    道具が無いし。。。道具そろえでけっこう
    しそうな。とはいえまず映像世界の復習ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。