おにいさまへ・・・

今日は,天気がいいですね.
大型連休の行楽日和,いかがお過ごしですか.

気がつけば,5月に入ってから,ていうか大型連休に入ってからほとんど動いていない alm-ore ですが.

いろいろと深読みしていただいた上,
女の子とデート(デート?デートなのか!?)中で,alm-ore もおろそかなんでしょうね
とか
スターウォーズ・ギャラクシーズばっかりして,alm-ore はお留守なんだろうね
とか
意表をついて『相楽郡・全コンビニ制覇!』なんてバカな企画を立てて,ひとりでブラブラとコンビニめぐりをしてガムを1個だけ購入したレシートを大量に集めて,悦に入ってんじゃねーの?
とか,いろいろと想像をめぐらせ始めた頃ではないかと思いますが.


真相は,


巷に雨の降るごとく
わが心にも涙ふる


という,ヴェルレーヌの詩を,今日の寝起きの瞬間から思い出している当方.
外は晴天なのに.


ていうか,ボクがこんな詩の一節を知っていたり,ふと思い出して感傷に浸っているのは,なにもボクが文学青年だからというわけではない.

伝説のNHKアニメ「おにぃさまへ・・・」で引用されていて知ってるのだ.

このアニメ,原作は池田理代子の70年代の漫画.
ある伝統ある女子高で繰り広げられる,愛憎劇.
「BSとはいえ,良くぞNHKで放映されたよなぁ」と感心することしきり.
#なお,一度だけBSで再放送されたが,その後まったく放送されていない.名作なのに.

あらすじを述べると,あるところに武彦というブルジョワでかっこよくて,ドイツ文学(?)専攻の大学院生の男がいるわけだ.
蕗子様(学校での通り名は「宮様」.見た目も身のこなしも言動も「エースを狙え」の”お蝶婦人”チック)という超お嬢様で,生徒会を牛耳っている女生徒がこの武彦に密かな思いを寄せているのだ.
ところがどっこい,奈々子ちゃん(主人公.おとなしくて,よくできたかわいこちゃん)が高校進学の塾で武彦と親しくなって文通とか始めてしまっており,蕗子様は内心「きーっ!」となりつつも,冷静に奈々子を自分の手中に収め,武彦と疎遠になるように仕向けるのだ.
#実は,武彦と奈々子は義理の兄妹関係にあるってことが判明するわけだが.ありがち!

さらに,脇を固める登場人物が,これまた濃い.
特に,サンジュスト様こと朝霞れいが最強.
いわゆる「男装の麗人」系で,不良で,学校サボってタバコをふかしているのはもちろん,まるでフリスクを食べるかのように頻繁にトランキライザー(?)をポリポリかじってトリップしちゃってたり.
ていうか,これまた彼女の過去を紐解くと,蕗子様の腹違いの妹であって,蕗子様はれいちゃんのことがある意味憎くて,逆にれいちゃんは蕗子様を崇拝していてって感じでドロドロしてるわけだ.

そんなれいちゃんことサンジュスト様が,トリップしてるときにボソボソとつぶやくのが,先のヴェルレーヌの詩.


とにかく,一生のうちに,もう一度通しで見直したいのが「おにいさまへ・・・」のアニメ版なわけだ.
Amazon で調べると,廃盤になったDVD-BOXがぎりぎり残ってるなぁ,と発見してしまった大型連休.
両方そろえると3万円かぁ.けっこうするなぁ,と迷いまくっている大型連休.
発送時期を見ると,到着は連休明けだなぁ,と熱意が冷めかけている大型連休.
しかし,今を逃すと,一生手に入らないかもしれないなぁ,と逡巡している大型連休.

 



そして,
“れい”といえば,「おにいさまへ・・・」のサンジュスト様以外に,「セーラームーン」のセーラーマーズこと火野レイとか,「エヴァンゲリオン」のファーストチルドレンこと綾波レイとか,「ハイスクール奇面組」のリーダーこと一堂零とか,いろいろいるなぁ
なんて,無駄なことを改めて考えている,大型連休.
そして,「一人だけ,非萌え系の”れい”が混じっているなぁ」と思い至り,ホンワカした萌え気分が台無しになって悲しい,大型連休の中日.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。