杏箭 (お好み焼き)

京阪奈に住み始めて,僕のバイブルとなったけいはんなグルメリストにはこう記されている.

国道163号線を生駒方向へかなり行くと北側にある大衆系のお好み焼きやさん。お店の中にコインカラオケセットがあって、壁のホワイトボードには得点ベスト5が掲示されている。「どこからきはったん」など訊ねられるというのも、この手のお好み焼きやさんならではのことである。


これだけ読むと,アヤシイよね.


しかし,僕も163号線をよく通るので,この店の存在はかなり気になっていました.
そんなわけで,先日アタックしてきました.


店の前には5-6台の車を停めるだけの十分な駐車スペースがあります.
しかし,きっと駐車場が満杯になる前に,店の座席がいっぱいになります.12席くらいしかない(カウンター4席,4人がけテーブル2脚)

店の看板とか,外装はちょっと小洒落た「郊外のカフェ」風.
けいはんなグルメリストでは「大衆店」などと書かれていますが,ちょっぴり期待が持てました.

で,店に入ると・・・

がーん.
お客さん(と思われる人々)と店の人(らしき人),合計6人くらいがかなり油断した様子でおしゃべりをしている.もうね,全員が入り乱れていて,いっせいに「いらっしゃい」とか言うもんだから,誰が店員で客なのか判別不能.
これか,これが「大衆店」のパワーなのか.

カウンターの上には,どこで摘んできたのか,謎の赤い実がボールいっぱいに入ってるし.
今まで,6人くらいが固まっておしゃべりしていたテーブルに,僕らが座ることになったんだけれど,テーブルを布巾で拭くそぶりもないし.
すごい,すごいよ「大衆店」のパワー.

もう,誰に注文を言っていいものやらわけがわからなくなり,とりあえず,全員に聞こえるように注文を述べるしかない.
すると,中のおばちゃんが一人,その声に反応したから,彼女が店主なのだろう.きっと.
かと思えば,カウンターに一脚だけ置いてある,籐のイスに座ったおっちゃんが
アンタ,言葉が関西じゃないけれど,どこから来たの?えっ?北海道.おっちゃんも昔帯広にいたことあるよ
とか話しかけてくるし.店主(と思しき)おばちゃんよりも,このおっちゃんとたくさんおしゃべりをしたような・・・.
達観した,達観したよ「大衆店」パワー.


お好み焼きの前に,サービスでこんなのが出された.

yusura.jpg
おっちゃんの説明によると,「ゆすらうめ」というらしい.
店の裏で採れたらしい.さっき,カウンターに載っていた赤い実は,これだ.

味はちょっと甘酸っぱいさくらんぼみたいな感じ.
僕が初めて食べたと言ったら
だろうなぁ,北海道にはないだろうし
とは,おっちゃんの弁.

すごく美味しくて,これを食べれただけでも,「この店,来て良かった」と思った.
見直した,見直したよ,「大衆店」のノリ!

あ,もちろん,お好み焼きも美味かったっすよ.
生地がフワフワトロトロでした.
ミックス焼きが600円だか,800円.
その他,各種一品料理が350円(イカ焼き食べました)

人恋しくなったら,行きたくなる店ですな.


【杏箭 (あんずや)】
住所: 奈良県生駒市北田原町2263-1
TEL: 0743-78-1939
営業時間: 知らん.しかし,午後7時入店でお好み焼きは食べられた.定休日もわからん
地図ここらへん

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。