エヴァンゲリオンねた4本

なんだかんだ言って、結局エヴァンゲリオンが大好きな当方です。
どれくらい好きかというと、庵野君を批判する気など毛頭ないくらい大好きです。
安野モヨコの漫画はあまり好きではないのですが、「監督不行届」を毎月雑誌(何に連載されてたんだっけ? “Young You”? “Feel Young?”)で読みながら、ケタケタ笑っていたほど庵野君を愛していました。

念のため言っておくと、エヴァンゲリオンの監督の庵野秀明は漫画家の安野モヨコと結婚したわけです。安野モヨコが夫によってオタ道に引き込まれていくという実録漫画が「監督不行届」です。
はじめは、庵野氏(夫)が家に並べる仮面ライダーのフィギュアを忌み嫌っていたモヨコ氏ですが、いつしかドライブ中にアニメソングばかり集められたテープを聴きながら一緒に熱唱するほどに成長する過程などが描かれます。
「これぞ、オタクの結婚生活(妻洗脳)」と、いつか参考にしようとしていたわけです。

もう1つ、補足として、それだけ庵野監督を愛していた当方ですが、エヴァンゲリオン以外の作品は見ていません、マジで。

さて、そんなわけで、ネットで見つけたエヴァンゲリオンねたを4つご紹介。

Evangelion Music Video – Bohemian Rhapsody
エヴァンゲリオンのアニメの切り貼りのバックに、Queen の Bohemian Rhapsody (ライブ音源)が流れます。なかなかのでき。
エヴァンゲリオンと言えば、なんとなくクラシック系音楽が最適と思われていたのですが(e.g. パッヘルベルのカノン?)、これはこれでエヴァンゲリオンの雰囲気をよく伝えてます。
僕は、Bohemian Rhapsody の中盤の声楽っぽいところの映像の当て方に感心しました。
特に、「♪ガリレオ~」「♪ガリレオ~」の掛け合いのところに爆笑。まさか、そんなキャラを持ってくるとは。
※なお、上記のリンク先はGoogle のキャッシュ。

残酷なニートのテーゼ
先日のVIP STAR同様の替え歌アテレコ系のフラッシュ作品。VIP STARの平井賢風味のようなそっくり感はありませんが(むしろ、声を聞いてるとちょっと背筋が寒い)、歌詞と映像のはまり具合は秀逸。

エヴァンゲリオンのマージャンマンガ
当方、マージャンは生涯で5回くらいしかやったことがなく、ルールもおぼつきません。
しかし、それでもエヴァンゲリオンをパロったセリフのオンパレードのこの漫画にはたいそう笑わせてもらいました。

空飛ぶ正義の味方で、シルバーの剣で敵を倒すんだ
とある外国映画(「ストーカー」という映画らしい)にエヴァンゲリオンのフィギュアが登場するらしい。
確かに、どっちが正義の味方なのかよくわからなくなってしまうのがエヴァンゲリオンですが、まぁ普通に考えれば、説明を誤っている。


ネタ元
謝る前にケツを出せとかザイーガとか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

  1. マージャン漫画、よくできてるでしょ?

    ちなみに、僕、紹介しつつ記事を書いたときは半分くらいしか読んでいませんでした。
    今読み返したら、ちゃんとTV版の流れと映画版の流れに分かれてますね。
    よくできてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。