フセイン元大統領の絞首刑執行の瞬間

日本のテレビニュースなどで、死刑執行直前、フセイン元大統領の首に黒い布を巻きつけられるシーンが放映されていた。
そして、死刑執行後のフセイン元大統領の遺体が放送されていたのも見た。

その間を埋める、死刑執行の瞬間の映像が YouTube にアップされている模様。

もうね、下のサムネイル画像でヤバそうな雰囲気でしょ?
怖い人は、この辺で引き返したほうがいいっスよ。


映像は怖くて見れないけれど、どんな感じか知りたい人のために、ちょっと文章でレポート。
怖い人は、やっぱり引き返したほうがいいっスよ。

映像を見ると、フセイン元大統領は、首に縄をかけられながらも、何かをブツブツと唱えていました。
言葉がわからないので、どんな内容なのかはわかりませんでした。

ビデオを見ていると、唐突に飛び降りているように見えました。
自らの意思で飛び降りたのか、執行人に押されて落ちたのかはよくわかりませんでした。

体が落ちた後、数秒間画面が真っ暗で何が起きているのかわからりません。
しかし、そこに光が当たってフセイン元大統領の顔が映ります。
首を吊るされた後って、苦しくて悶絶するものだと思っていたのですが、映像では振り子のように体が揺れているだけで、体や表情は全く動いておらず、完全に絶命しているように見えました。
落下の衝撃で頚骨が折れてしまって、即死なんでしょうか。

縄の結び目が体の前方にあって、前から吊るされているせいで、頭は後ろの方に傾いており、顔が上を向いていました。
絞首刑(や、首吊り自殺)の勝手な自分イメージでは、(後頭部の方から吊るされて)首は前にうなだれるものだと思っていたので、顔がモロ映りなのがショッキングでした。

それでもやっぱり、その瞬間を見たい人は、下のビデオで。

コメント (8)

  1. あけましておめでとうございます。
    映像は見たくないので見なかったのですけれど、
    こういう絞首刑の場合、押したり自分で飛び降りたりせず
    床がパカッ!と開いてヒュー!がくっ!ぶら〜ん。。
    だそうですよ。
    今年もよろしくお願い申し上げます。

  2. 確かに、床が開いて落ちたのかもしれません。
    もう一度映像を見る勇気はないので、確認しませんが。

    ていうか、怖い映像を見てしまったせいか、夢見が悪くて変な時間に目が覚めてしまいました。

  3. 床が開いて落下させていますね。
    この勢いと首の角度から、頸椎骨折による即死だと思います。
    首つりは、自分でぶらさがったりすると頸動脈圧迫でやや時間をかけて死ぬことになりますが、勢いがあると即死できます。・・・ってこんな話は聞きたくなかったですよね(汗

    あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

  4. Feliceさん:
    床開きでしたか。
    確認ありがとうございます。

    みきさん:
    ほんと、夢見が悪くなってしまうので、とりあえず想像するに留めておくが吉ですよ。

  5. 夢見、たしかに。
    以前、「そして死刑は執行された」という本(確か、元看守の方の著書)を読んでしまい、同じ目に遭った。

    ところで、隠し撮りした香具師タイーホされたよね(゜∀゜)アヒャ

    ↑怖さを紛らわすため、懐かしめのトーンでお送りしました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。