バッテリー (my 日ハム)

映画「バッテリー」とか、その原作(あさのあつこ著)とかの情報を求めてたどり着いた人、ごめんなさい。
また、常連読者さんの中にも、映画「バッテリー」とか、その原作者のネタかと思ってワクワクしながら読み始めた人もいるでしょう。

ごめんなさい。

これは、ベースボールヒーローズ2の話であり、映画「バッテリー」とか、その原作者とか、原作者と同姓同名の女優・浅野温子(そういえば、玉置浩二と競演した「コーチ」という、鯖カレーの缶詰工場の草野球チームをネタにしたドラマもあったね)とかの話題は全くありません。

ごめんなさい。

それでも、映画「バッテリー」とか、その原作本の情報を探しに迷い込んだ人向けに、とりあえず amazon アフィリエイトを張ってしまった当方の姑息さをお許しください。

本当にごめんなさい。




さて、以下は本格的にベースボールヒーローズ2の話である。

僕のファイターズの「女道産子である影のフロント」こと Rin さんに、先日こんなことを言われた

中嶋さんがいない。とりあえず、若手ピッチャーのときは捕手中嶋さんで鍛えてもらったらどう?


恥ずかしながら、中嶋聡捕手のことを何も知らなかったので、wikipedia で調べてみた

そこには、

1999年に入団した松坂大輔専用の捕手として起用されることが増えた

とあった。
なるほど、松坂とバッテリーを組んで、彼を育てたのか。

こりゃ、影のフロント Rin さんが言うとおり、若手育成に向いている選手なのかもしれない。


しかし、しかしだよ。
このゲーム、所詮は選手の成績を数値化して、カードにされている。
「若手育成」なんてデータはねぇしなぁ。
結局、数値の良い選手を使うことが勝利に繋がるんだけどなぁ。
中嶋さん、使えるのか?

ちなみに、日ハムの捕手3人の能力データは以下のように決められている。
各能力値の意味は大体想像できるでしょう。
(比較のために、ヤクルトの古田選手を並べた)

 高橋 信二 鶴岡 慎也  中嶋 聡 古田 敦也
捕手 捕手 捕手 監督捕手
パワー14111013
ミート14131014
走力13131110
送球14161613
守備12131316
守備特性捕D 捕D 捕D 捕B
スキル満塁 なし なし 威圧感
ブロック
チャンス4333
対左投手3333
バント3322
盗塁3332
弾道4214
非エラー2335
走塁3333
送球3434
安定度3344
リード2235

特に、捕手の能力と関連するところに色をつけた。

確かに、僕が正捕手として起用している鶴岡に比べて、捕手能力ではそれほど引けをとらない。
特に、リード(打者に打たれにくくなるらしい)なんかは鶴岡より優れていることになっている。

でもなー、でもなー、打撃力とかを総合して見ると、鶴岡に比べてあんまり魅力ないんだよなぁ。

しかし、そこは女道産子フロントに頭の上がらない、気弱な監督であるところの当方は、最近行きつけの開放倉庫で中嶋捕手を金銭トレードしてきた。

獲得金額、50円・・・。
Rin さん推薦の選手なのに、虐げられてますなぁ。
#ついでなので、投手陣3名(鎌倉、武田勝、清水; 各50円)も入手して、全登録選手を日ハムにした


そんなわけで、ダルビッシュ専用捕手として中嶋さんにマスクを被らせることにした。
とりあえず、このバッテリーで2試合経験。

1試合目は、中嶋のリードが良かったのか、無失点で7回まで投げることができた。
その後、リリーフ投手(誰が投げたか忘れた)も無得点に抑えることができた。
しかし、打撃の援護なく、結局0-0の引き分け。
確かに、負けなくなったことは大きな前進だ。
ここまでは、まぁ及第点。

ローテーションで次の登板が回ってきた試合である。
ダルちゃんのステータスは、バイオリズムは超絶好調。
1回表の守備では、相手をきっちり3人で抑えてくれたり。
それに加えて、初回のこちらの攻撃では、味方打線の猛攻で一挙4点も取っちゃうし。

この時点で80%は勝ちをもらった気分になった僕を、誰も責められまい。

しかし、続く2回の相手の攻撃で、打者一巡の猛攻を受けちゃった。
5点失点で、逆転された。
終わった・・・。
3回でダルちゃんボロボロになって、降板。
結局、その後こちらは無得点に抑えられて、虚しくもダルちゃんが負け投手。

負け投手ダルビッシュ

もう、どないっせーちゅーねん?


12005位 / 12144人

チーム成績は下位 1.1%。
前回報告時よりも、0.2ポイント くらい上がり、20人程度抜いたことになるけれど、もう焼け石に水だよね。
とほほ

【野手】
打順選手打数打率本塁打点四死盗塁出塁犠打三振盗止
1森本稀哲187.20957121.255071
2田中賢介170.1940751.217049
3小笠原道大193.16141271.190190
4セギノールD155.213143041.233067
5稲葉篤紀179.2071570.237078
6SHINJO90.1782531.204034
7木元邦之151.23211061.261062
8鶴岡慎也151.1722741.194050.388
9金子誠171.24603101.287146
中嶋聡7.0000000.00002.000
高橋信二9.0000000.00003.500
川嶋慶三91.2200210.228232
田中幸雄15.0670110.125010
工藤隆人9.0000000.00004
鵜久森淳志28.3572240.438011
小谷野栄一83.1451710.155132

【投手】
選手S防率四死完投完封
岡島秀樹1000113 85.5419517300
清水章夫60019 44.00829100
ダルビッシュ有1117051 183.18471351000
八木智哉1043042 153.21491443100
武田久2813144 193.8960841600
金村暁632033 1/3164.3234830410
ディアス200014 00.001516010
江尻慎太郎521024 41.5016120100
鎌倉健20104 1/3612.465210000
MICHEAL70025 35.40607100
トーマス3412455 2/3193.0783745600
武田勝40007 33.86506200

コメント (2)

  1. おかしい!なぜなんだ?
    もうね、このゲームを作った人、ダルちゃんに恨みねたみがあるとしかおもえない。あんなパリコレに出そうなルックスのスーパー投手がこんなにぼこぼこ打たれるわけないんだよ。
    そして、中嶋さん50えん。やすい。
    ベテランだし、結構使えると思うが、一応
    「押さえのキャッチャー」
    というふれこみだからなあ。

    ダルちゃん、先発じゃなくて、押さえに使って防御率あげていったほうがいいかも。

    ひょっとして、規定値はともかく、打たれれば打たれるほど弱くなっていくのではないだろうか、このゲーム。
    他の人はどのようにして勝っているんだろうか。

  2. ダルちゃんへの恨み、確かにそうかもしれない。
    ゲーム内のダルちゃんは、ラージ・グレイ(宇宙人)みたいなカンジになってしまっています。
    耳が尖れば完璧だと思います。

    ダルちゃんリリーフ作戦ですが、一度3回からのロングリリーフでボコボコにされたことがあるしなぁ。
    それに、投球回数が少ないと、1点取られただけでバッコリ防御率が下がるから、今の調子だと帰って悪化しそうです(e.g., MICHEALの防御率)。

    ゲーム内でのダルビッシュは、ランナーを抱えたピンチ時にそれほど悪くないということになっていますが、うちのチームにいる限り、ランナー1,3塁で余裕でフォアボールを出して、却って状況を悪化させてくれます。その後抑えてくれりゃあ結果オーライなのですが、そういうときに限って外野まで打たれます。とほほです。

    ちなみに、現在6連敗中。
    そのうち、直近5試合では1点も取ってない。
    それだけなら笑って済ませられるけれど、途中1試合、完全試合までやられた。
    もう、成績表を載せる元気もなくなった。ぐすん。

    気晴らしに、プロ野球のオープン戦の中継でも見ようかと思ったんだけれど、やってるのはタイガース戦です。
    日ハムやってないし、今日先発するらしい元駒大苫小牧の田中の楽天戦もやってない。
    ぐすぐす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。