偽・岡ちゃん(「誰も寝てはならぬ」の登場人物)

今朝出勤すると、当方の業界の大御所な先生から写真が送られてきた。
bmbさんの奥さんをして、
そういえば、◯◯大学に、ナンマンダブっていう名前の先生いなかったけ。なんか、手を合わせたくなるような名前の先生
言わしめる、あの某先生である。
大御所な某先生なので、”大某先生”と変換してみるが、当方の勇気もここまでで、これ以上変換する勇気はない。

つらつらと送っていただいた写真を見ていると、なにやらデジャブな写真が出てきた。
どこで見たんだろうと考えること0.2秒、すぐわかった。
当方の愛読書「誰も寝てはならぬ」(サライネス)のワンシーンだ。

「誰も寝てはならぬ」の岡ちゃん
(サライネス「誰も寝てはならぬ」2巻 p.37)

岡ちゃんは胸は平らだが、女性やお年寄りへの気の効いた一言で人気を博しているお天気キャスターだ。
胸が平らなため(何べんも言うな!)、気象のことは何もわからないのにおチチが大きくて「お得な」女の子に枠を奪われ、その上ちょっとイイ感じになっていた若手ディレクターまで持っていかれてしまったかわいそうな岡ちゃんである。

そんなことをツラツラと考えたきっかけの写真というのがコチラ。

偽・岡ちゃん

手の構え方が一致。
アングルが逆なのが惜しい。

某同級生をして
学会でも主に外見で驚かれ、印象は濃いのに何を発表したかは思い出せない。
と言われ、心の中でちょっぴり傷ついている当方。

今回の発表でも、みんなに
プレゼンの演出が面白い
と言われ、話の内容はあまり省みられていない様子。

胸は平らだが(もういいって!)、一生懸命、堅実にがんばっている岡ちゃんを見習って、当方も精進するなり。

コメント (1)

  1. alm-ore

    Death by PowerPoint

    パワーポイントなどを使ったプレゼンを、より良くするためのアドバイスが記されている。 オープニングジョークが最高に面白くて、ノックアウトされた。 英語っつー…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。