ゆかりの日: ユカリちゃんやらユカちゃんやら

ゆかりにはゆかりの深い当方である。

一条ゆかりの「有閑倶楽部」は全巻読破した (なお、現在放映中のドラマは見ていない)。
鈴虫寺の記事のマクラに出てくる同級生の女の子の名前は、こっそり白状するとゆかりちゃんである。
愛知県に出かけたときは、できる限り海老煎餅の「ゆかり」を買うことにしている。

いかに当方がゆかりにゆかりがあるか分かってきたことと思う。
しかし、さらにゆかりとのゆかりは続く。

当方の「ご飯の3大お供」といえば、納豆、永谷園のお茶漬け、そして「ゆかり」である。
ゆかりとは、広島の三島食品が発売している赤しそを粉末状にしたふりかけである。
ゆかりがあれば、とりあえず丼飯2杯はいけるところである。

話は今日の昼、社食でのできごとに移る。
そこには、おにぎり2個が100円で売られていた。
ただし、海苔が巻いてあるものと、のりたまのようなふりかけのかけられたものとのセットであった。

以前、この食堂でゆかりちゃんのかけられたおにぎりがあったことを僕は知っている。
そこで、食堂のおばさんに、ゆかりちゃんにぎりはないかと尋ねてみた。
すると、おばちゃんは親切にも
ゆかりちゃんのおにぎり、すぐ作りますよ。2個ともゆかりちゃんでいいですか?
と言ってくれた。
もちろん、ダブルゆかりちゃんで、即刻オーダー。

満面の笑みで、ゆかりちゃんにぎりを食す。
ゆかりのおにぎり

ちなみに、すでに僕はゆかりちゃんのことを呼び捨てにできない体になっている。
とはいえ、もともとは食堂のおばちゃんが「ゆかりちゃん」とちゃん付けで呼んでいたのにショックを受けたのがきっかけだけど。

なんかね、ゆかりちゃんって呼ぶと、可愛い女の子にいたずらしているような、インモラルな興奮が得られるのさ。
僕だけかもしれんけど。


なお、しそのふりかけがなぜ「ゆかり」と呼ばれているかには深い理由がある。
あのふりかけは紫色だが、実は紫のことを「ゆかり」と呼ぶのだそうだ。
三島食品のゆかりちゃんのコーナー

古今和歌集の中に、
紫のひともとゆゑに むさし野の 草はみながらあはれとぞみる  (読み人知らず)
とあります。これは「むらさき草がひともと(1本)咲いている、という”縁=ゆかり”だけで、武蔵野の草花が皆いとおしく、身近に感じてしまう」という意味になるそうです。この「縁」あるもの、「ゆかり」あるもの=むらさき草で、ゆかり(縁)の色は紫色を言うようになりました。


と説明されている。

目をつぶれば、肩口で髪を切りそろえ、紫色の和服を着たゆかりちゃんという奥ゆかしい女の子が、じっと花を見つめながら自分との逢瀬を懐かしんでいるんじゃないかという妄想も沸いてくる。
僕だけだと思うけど。



ところで、「ゆかり」と「ゆか」は似ている。
ゆかにもゆかりの深い当方である。




歴代ミニスカポリスの中では、ダントツで松井友香が一番のお気に入りであった。
風間三姉妹の中では、とりわけ大西結花が可愛いと思っていた。
タッチを見れば、朝倉南よりも新田由加に萌えていた。
ウゴウゴルーガでは、できることなら小出由華と一度会ってみたいと思っていた。


いかに当方がゆかにゆかりがあるか分かってきたことと思う。
しかし、さらにゆかとのゆかりは続く。

実は秘密にしていたけれど、中学1年生のときに初めてお付合いした女の子の名前がゆかちゃんである。
初めてのデートは当時流行っていた巨大迷路であり、そのあと浜辺を散歩して彼女の作ってくれたお弁当を食べた。
なんて甘い思い出。

しかしそんな幼い恋の日々から20年も経っちまった。
10年近く前には、そのゆかちゃんも誰かと結婚して子供ができたという噂を聞いたなぁ。
今の自分を省みるに、なんだかしょっぱいねぇ。

甘いカスタードクリームのような恋よ、もう一度、って感じだねぇ。



クリームパンをもらった

来た!
甘いカスタードのクリームパンだ!

しかも、Yuka ちゃんからの差し入れだ!


食パンをさいて、そこにクリームが流し込んであった。
そして表面が軽くトーストされていて、香ばしさと甘さのダブルパンチ。
職場のおやつとして、おいしくいただきました。

ユカちゃんのクリームパン


なお、こちらに載っているスイートポテトの副産物だそうです(旦那談)。
スイートポテトも食べたかったところですが、クリームパンでも大満足でございました。

Yuka ちゃん、どうもありがとう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (2)

  1. いえいえ、お口にあって良かったです。
    写真に掲載されるなら、もっとLovelyなお手紙に
    しておけば読者の方もお喜びになったのでは?
    ちなみにゆかりちゃんは私も好きです。

  2. じゅうぶん lovely なお手紙を拝見し、天にも昇る思いだったわけです、正味な話。
    最後の「3本毛の生えたハートマーク」は当方の大好物です。
    読者なんて二の次です。僕が喜べばそれでいいのです。
    どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。