タモリ倶楽部で簡易ホバークラフトが作られた件

2008年2月16日放送のタモリ倶楽部で1人乗りホバークラフトを自作していた。

中古の掃除機1台のほか、1万円程度の材料費(木材、ビニールホース等)でホバークラフトを実際に作って見せていた。所要時間も1時間半程度だったらしい。
人が乗って浮き上がる。指一本で軽く押せば、スーッと進んでいた。伊集院光が乗っても、ちゃんと浮いた。

作ってみたいですなぁ。

以下、Youtube から拾ってきた。


1つ目、イントロやホバークラフトの原理。
2つ目、工作と試運転 (一番面白いあたり)。
3つ目、学生チームとのレース。
#Firefox ユーザーはsoramimi portableというプラグインを入れると連続再生できて便利








タモリの後頭部の髪がかなり薄くなっているのを、今回はじめて知った。

コメント (10)

  1. bmb
    下のビデオの右側の人、正高先生みたいですね。

    あ、そうそう。トイレの蠅。アムスの空港でみたけど左側でした。
  2. 木公
    僕は今日、嘉志摩先生を見たので、嘉志摩先生に見えますなぁ。
    正高先生にしては、若すぎのように見えます。

    トイレの報告もありがとうございます。
    やっぱり、左曲がりなのはユニバーサルなのですね。
  3. bmb
    ああ、それを知りたかったんだ。

    左曲がりなのには適応的価値があります。大切な部分を無意識に保護しようとするため、人間は敵に対面した時、体の右側を前に出して、少し斜めの体勢を取ることになります。その結果、敵の攻撃から心臓を守ることになるのです。

    つまり、左曲がりの男性の方が戦闘時に死亡する確率が低かったので、左曲がりが進化されたといわれているのです。
  4. 木公
    またぁ・・・。:(

    心臓を守るという話と、ホース(マイルドな表現)が左側にあるという話が、巧妙にすりかえられてる。
    そのロジックで言ったら、体の多くの器官が左寄りについてないとおかしい。口とか目とか鼻とかも。
    ヒラメだかカレイだかじゃあるまいしぃ・・・。


  5. bmb
    こういう格言を知りませんか?

    「嘘を嘘と見抜けない人には進化心理を語る資格は(略」
  6. 木公
    Four Roses (ラッパ呑み) 吹き出した。

    それ、五反田で披露してみてください。
  7. bmb
    けど、嘘に決まってるだろと思えても、多くの証拠が真実に近いことを示す例もあるから、面白いんですけどね。



  8. 木公
    御意。それが醍醐味ですな。
  9. bmb
    本当は、大嫌いなんです。あの言葉。「嘘を、100%確実に嘘だと見抜く」ためには、何でもかんでも「それは嘘だ」と言えば良いのだから。実際に、そういう懐疑主義者、多いでしょ。

    「嘘に見える本当を本当だと見抜くこと」の方が遥かに重要なのにね。
  10. 木公
    懐疑主義者は多いですが、そのたびに某TK氏があるときに言っていた
    「縁なき衆生は度し難し」
    という言葉を思い出すことにしています。
    #彼は違う文脈で言ったのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。