安齋肇のパンクバンドが夏フェスでデビュー

ソラミミスト・安齋肇が新パンクバンドを率いて、夏フェスにWヘッダー参戦: ニュース-転職・派遣・キャリアのオリコンランキング

人気深夜番組『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)の名物コーナー『空耳アワー』でお馴染みのソラミミストでイラストレーターの安斎肇が、パンクロックバンド「LASTORDERZ(ラストオーダーズ)を結成し、来月10日(日)に開催される野外フェスティバル『サマーソニック08』(千葉マリンスタジアム/幕張メッセ)と『WORLD HAPPINESS』(東京・夢の島公園陸上競技場)でデビューライブを行うことが、23日(水)までに明らかになった。1日に夏フェス2ヵ所に同日出演という極めて異例の試みで、安齋流パンクを轟かせる。

ものすごく見たい。


スポーツ報知の記事「ソラミミスト・安齋肇がパンクバンド結成…4人組『LASTORDERZ』」では、イジワルな記事が書かれていて、笑える。

バンド名は、居酒屋で店員から「ラストオーダーです」と声をかけられたのをそのまま使う適当ぶり。安齋はボーカルで、現在11曲のレパートリーがあるという。
 当然、サマソニから声がかかるわけはないが、主催はテレビ朝日事業部。安齋は同局「タモリ倶楽部」のレギュラーを務めており、コネを使って無理やり出演を決めた。一方、HASYMOらが出演する「ワールド―」には、正式に出演するリリー・フランキーに同業者のよしみで競演をねじ込んだ。
 安齋は「出演者パスがもらえるので、ほかのバンドをタダで見られるのがうれしい」と違う意味で大喜びしつつ「いつでもメジャー契約する用意はある」と勘違いの勢いを増している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。