ユニセフ募金の領収証

6月に日本ユニセフへ5,000円の寄付をしたのだが、その領収証が届いた。

募金の申込書に記入しただけで、本当は募金しなかったんじゃないか
と疑っている人がいるかもしれないので、自己弁護のために領収証の公開。

ユニセフ募金領収証




領収証にも書いてありますが、日本ユニセフへの募金は所得税の控除対象となる。だから、まるまる持ち出しというわけでもないのだ。

ただし、控除対象となるのは、1年間の寄付額から 5,000円を差し引いた額。つまり、寄付金のうち5,000円を越えた部分が控除対象となるのだ。
今回、5,000円ちょうどしか寄付していないので、当方の税金に調整はない。

ところで、領収証と一緒に振込用紙もついてきた。
これで支払えば 5,000円を超えるから控除対象になるよなぁ、とちょっぴり考えてみたり。

人助けのために募金するとかどうとか言う前に、自分の税金が返ってくるかどうかが重要な判断ポイントになり始めていたり。何かが少し本末転倒。
ていうか、税金が返って来たとしても、どっちみち僕のポケットには入らなくて、国庫からユニセフへスルーパスというお金の流れだよな。自分の小遣いが増えるわけでもないのだけれど、なんとなく 5,000円を上回る額を募金しなくては損なような錯覚をしている今日この頃。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。