「心の社会性」 亀田達也: 講演ビデオ

2009年12月13日(土)、発見!体験!先端研究@上野の山シリーズ「大学サイエンスフェスタ」にて行われた、北海道大学文学研究科 亀田達也教授の講演。

わたしたち人間が「心」を持っているのは、社会を形成するためのものであるというお話。
初学者にも理解しやすいように、とても易しく話してくれる。
自称・業界人の当方もすごく勉強になった。

声が渋いよね。抱かれてもいい。

コメント (4)

  1. うーん素晴らしいアナ声ですね。

    話は放送大学並の内容なので、子ども相手なら
    スライドと原稿を一度小学生の先生に観てもらって
    漢字や用語を直さないといけないかと。
    変な所だけひらがなになっている気がします。

  2. ああ、子供向けという側面もあるんですね、これ。
    どうりで、キーワードにいちいちふりがながあるわけだ。

  3. 資料を作るときは「子ども来るかもな」と思って易しくしたけれど、会場に来てみたら「ほとんど大人じゃん」ってことで、言葉遣い変えたのかも。
    ビデオの最後に聴衆席が見えますが、画面で見る限りはほとんど大人ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。