今日も桜が散る発表会その2

昨日に引き続き、僕が通っている音楽教室の発表会。
各パートの生徒が即席のバンドを作って演奏するというもの。1ヶ月前に一度だけ顔合わせを兼ねたリハーサルを行った後、本番。足りないパートは講師さんたちがサポートしてくれる。

僕は4年間で10曲くらいは出てるはずなんだけれど、毎回思うように弾けなくてとても悔しい。進捗はゆっくりだけれど、それなりに上達はしていると信じるのみだけれど。今日もいろいろ失敗をしでかした。
2ヶ月くらい一生懸命練習したのになー。

本番での緊張のほか、(1)立って弾くことに全然慣れない、(2)使っているアンプが自宅のと違ったり、家ではヘッドフォンだからスピーカーから直接聞くのは雰囲気が違ったり、ステージでは爆音だったりなど、条件の違いによる違和感が気になって集中できなかったり、(3)音源やメトロノームに合わせて演奏するのと、生身の人間相手ではこれまた様子が違っていろいろ戸惑ったり、などなどいろいろと問題があるんだろうなと段々わかってきた。場数で解決されるものと信じたい。

【1曲め】
いきものがかりの『SAKURA』。アコースティックギターを習っている生徒さんのサポートとして参加。

アコースティックギターやピアノが和音を弾いているので、僕のエレキギターはそれらをどう活かすか意識して演奏しろとはマイギター講師の弁。たとえば、アコギやピアノが8部音符で和音を弾いている時は、同じ和音を全音符でじゃらーんとゆっくり奏でて対比を聞かせろ、と。リバーブ(エコー)をかけて広がりのある音にすると良いと言われたり。
バンド全体の音を考えて演奏するということが勉強になりました。

メンバーは、

  • エレキギター: 俺
  • アコースティックギター: ギター科の生徒さん(♀)
  • ボーカル: ボーカル科の生徒さん(♀)
  • ベース: 講師さん(プロ♂;トークがおもろいおっちゃんだけれど、それはまた別の機会に)
  • ドラム: 講師さん(プロ♂)
  • 電子ピアノ: 講師さん(♀; ほんとうはクラシックの人だそうで)

という構成。

 

【2曲め】
SHISHAMOの『明日も』。ボーカル科の生徒さんのサポートとして。

『明日も』はひたすらエレキギターをかき鳴らす曲で、以前には ざじょんくす(参考記事)でもやったことのある曲。以前から発表会でも披露してみたかったのだけれど、旧ギター講師から「あれは女子の曲や。木公みたいなおっさんがやってええ曲ちゃう」と止められていたといういわく付きの曲。講師が交代したドサクサに紛れてエントリーした次第。

単純にギターをかき鳴らせばいい曲なのに、録画したのを聞いてみると、それはそれで簡単ではないのだなと改めて反省する次第。右手のストロークの力が一定じゃないので、音が大きくなったり小さくなったりしてて気持ち悪い。こういうところを気をつけて弾かなきゃいけないんだなと今さらながら気づくなど。
1コーラスめで場所を見失って演奏が止まったのはごめんなさい。

メンバーは、

  • エレキギター: 俺
  • ボーカル: ボーカル科の生徒さん(♀)
  • ベース: 講師さん(プロ♂;トークがおもろいさっきのおっちゃん)
  • ドラム: 講師さん(プロ♂; 見た目はクソ真面目な公務員みたいなのに、激しいスティック捌きでいろいろ笑いを取ってた)
  • 電子ピアノ: 講師さん(♀; さっきの人)

という構成。

 

次回の発表会では、自信満々鼻高々で動画を披露できるよう頑張りたい所存です。
ご清聴ありがとうございました。

コメント (2)

  1. sterai

     そう言えば、元祖ヴォーカルちゃんはギター上手くなったみたい?

    • 木公

      彼女はずいぶん前にレッスンやめちゃったし不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。