クーリエ・ジャポンの図書カードが当たった

COURRiER JAPON の図書カード

ちょっと前に、クーリエ・ジャポンという雑誌を買った。
サイトにアンケート・フォームがあったので、記入して送信したら図書カード(1,000円分)が当たった。
ありがたいことです。




クーリエ・ジャポンは、海外経済メディアの翻訳記事を掲載している雑誌で、中でも日本について書かれた記事を紹介するのが特徴。「海外の記者は、こういう風に日本を捉えている」という視点を日本人読者に伝えるのが使命の雑誌のようだ。
フランスに Courrier international というフランス語雑誌があり、そのスタイルを真似ているとのこと。
ここら辺の話は、下手に公式サイトを見るよりも、wikipedia の記述が簡潔にわかりやすくまとまってる。

そもそもこの雑誌を買ったのは今回が初めて。
山形浩生さんが英Economistの勝手翻訳記事をたくさん載せていて、ある日それを一生懸命読んでた。

その中に、

クーリエジャポンへの連載

 この欄を見て、ちょうど誌面刷新をしようとしていた『クーリエジャポン』が声をかけてきて、ここでやっていることを連載でやれ、とのお達し。やりますやります。6 割翻訳(抄訳)、解説 4 割より少なめくらいの感じで 3200 字くらい、原稿料は一回 2 万以上 10 万以下ってところ。


とあって、なんとなくその雑誌名が頭の片隅にあった。

それで、別の日ふらっと立ち寄った本屋で同誌を見つけて買ってみた次第。
そして、興が乗ってアンケートに答えてみた次第。
たしか、「山形さんの記事が目当てで買った」とアンケートに書いた次第。
その結果、今日、ご褒美の図書カードが当たった次第。

3月号が出ているそうなので、もらった図書カードで買ってこようと思う。
たしか、600円くらいの雑誌なので、400円くらい余る。文庫程度ならセットで買える。嬉しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。