タイムマシンと500万ドル

今日で3回目にもなるわけだが、Michael Jackson’s THIS IS ITを映画館に見に行ってきた。

見ながら考えたこと。
僕のような人間には絶対に手に入れることはできないだろうが、もしも自由に使える500万ドルとタイムマシンがあったらどうするか。






1年前にタイムスリップし、その時はまだ生きていたマイケル・ジャクソンを500万ドルで雇い、NO MORE 映画泥棒のビデオクリップを彼のダンスで撮り直す。
「ポゥ!」とか「アウッ!」とか「ダッ、ダッ」とかの掛け声も挿入する。


ところで、こいつのチョーヤ梅酒のダンボール箱とうっすら見えるメガネ面に盛大に笑った。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。