『機動戦士ガンダムUC [ユニコーン]』(1) を見た

悪くない。僕は好きだ。

時代は宇宙世紀0096年。ガンダムの歴史でいえば、「逆襲のシャア」から3年後となる。
僕のガンダムの規準は「宇宙世紀であること」なので、この作品は正統なガンダムと認めるにやぶさかではない。

ちなみに、小説版等は未見。
ほとんど予備知識無しに、今回アニメ版を見た。

アムロやシャアは死んだ事になってるので出てこない。
その代わり、ガンダム界の名艦長ブライト・ノアは存命で、「ロンド・ベル部隊の司令官」(逆襲のシャアでも出てきた部隊です)として、セリフで言及されていた。オリジナル声優の鈴置洋孝はすでに無くなっていることもあるし、この後のストーリーを僕は知らないので、ブライト本人が画面に登場することがあるのかどうかは知らないが、旧作ファンにはちょっと嬉しい。

連邦軍のモビルスーツはジェガン(これまた逆襲のシャアにおける主力量産機)が現役。
ネオジオンが存在していて、同軍のサイコミュ搭載MS「クシャトリア」はクインマンサに似ているデザインで、これまた旧作ファンには嬉しい。

そして、一番びっくりするのが、ネオジオンで「姫」って呼ばれてるハイティーンの少女。
前髪の大きなウェーブといい、こりゃ、ミネバ様だよねぇ。

なにやら、100年近く前(西暦から宇宙世紀へ年号が変わる頃)から、地球連邦軍とある財団との間に何らかの密約があったようだ。それをめぐって、地球連邦軍とビスト財団、そしてネオジオン(ザビ家?)が入り乱れるというストーリーらしい。

今後とも目が離せない感じです。




原作小説は10巻までで、すでに完結したとか。
アニメ版は今月よりリリースで、順次発売らしい。

ちなみに僕は、Playstation Store でダウンロードレンタルで PS3を使って見ました。HD画質で3日間の再生権利で 1,000円でした。ちょっと高い気がしましたが、見たいと思い立ってすぐにダウンロードしてストレスなく見れたのは良かったです。

公式サイトもあります。





コメント (1)

  1. 『機動戦士ガンダムUC [ユニコーン]』(2) を見た

     今年3月に第1話を見たのに引き続き、機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]の第2話「赤い彗星」を見た。  第1話で謎の美少女とされていたオードリー・バーンの…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。