フロントでわらわら黒木華(NHK『純と愛』第21回)

今朝は出張で『純と愛』の放送前に家を出なきゃいけなかったので、つまらないドラマだしもう二度と見るもんかと思っていたのだけれど、どうしても千香ちゃん(黒木華)が気になったわけで。23時からの「夜の朝ドラ枠」で見ました。
オオサキプラザホテルのロビーで暴力事件が発生し、警察(?)に連絡したのがフロント係の千香ちゃんでした。セリフはなかったけれど、異常事態に緊張し、わらわらしている様子を表情だけでうまく表現していらっしゃいました。黒木華は実力派女優、実力派女優は黒木華。

【付録】

第4週「ねむりひめ」

迷惑な宿泊客一家の次男が体調を崩した。夫(川添公ニ)は用事で出かけたままであった。妻(茂中瑛子)が一人で病院に連れて行くことになり、ホテルに残していく長男の子守りを純(夏菜)が引き受けた。

両親がいなくなるやいなや、長男は暴れまわった。部屋に落書きをしたり、カバンを開けて荷物をひっくり返してしまった。純はその後始末に追われ、客の荷物を片付けて回った。

妻がホテルに帰ってくると、しまっておいた指輪がなくなったと騒ぎ始めた。荷物の詰め方が変わっていること、および留守中に部屋に入ったのは純しかいない。妻は純が盗んだのだと主張した。

苦情を受け付けた桐野(吉田羊)は、冷静に対処した。軽率に純やホテルの落ち度を認めるのではなく、セイフティボックスを利用しなかった貴重品については、ホテルは責任を負いかねると毅然とした態度を貫いた。
その上で、指輪がどこかに落ちて紛れ込んだ可能性を指摘した。自ら部屋に這いつくばって指輪を探し始めた。同時に、ゴミ捨場やクリーニング集積所に従業員を集め、指輪が紛れ込んでいないか探させた。純が騒動の中心にいると聞いて、従業員たちは不平不満を隠さなかった。純に対して面と向かって悪態をついた。宿泊部長の米田(矢島健一)も叱責され、純は孤立無援だった。

結局、どこからも指輪は見つからなかった。
桐野と純は指輪が見つからなかったことを報告に行った。その時、客の長男が隠れてニヤニヤと笑っているのを見た。それで、長男が指輪を盗んだのだと疑いはじめた。

家に帰った純は愛(風間俊介)の声が聞きたくなった。
いきなり自分の愚痴や弱音を吐くのもはばかられたので、愛の近況を探った。愛は職探しをしているという。純と交際するにあたり、就職することが必要だと考えているのだという。しかし、愛は自分自身が何をしたいのかわからないのだという。家出前までは親の跡を継いで弁護士になるつもりだたので、それ以外の道を考えたことがなかったのだという。そういった疑問を抱くと、最終的には自分の生きる目的もわからず思い悩んでしまうのだという。

そこまで話し終えると、愛は純の声が沈んでいることを指摘した。悩みを打ち明けるように水を向けた。そこで純は、愛にかの長男の本性を探ってくれるよう頼んだ。

ふたりはロビーの陰に隠れて長男の様子を伺った。愛の見立てによれば、指輪は長男が隠し持っているのに間違い無いという。

その時、急に次男が泣き始めた。
その様子を見るやいなや、愛は長男につかつかと歩み寄った。そして、何の前触れもなく、長男の頬に張り手を食らわせた。親に隠れて弟をいじめているのはわかっている、弟に死ねなどと言うなと恫喝するのだった。

子供の母は愛を糾弾した。ロビー中が騒然とした。

【追記】
宿泊客は指輪がなくなったことについて警察に被害届を出すといって電話に手をかけたのだが、結局被害届は受理されたのだろうか。受理されたとなると、少なくともホテルの責任者や純から任意で事情を聞くとかそういう展開になると思うのだが、特に何事もなかった様子だぞ。純は家に帰ってのんきに始末書とか書いてたし。
そして、翌日には特に騒ぎ立てるでもなくロビーでのほほんとしてるし(そして、息子が愛にビンタ張られた)。キミらなにしてるの?被害届がどうしたの?マジ気になる。脚本家および演出家の皆様におかれましては、そういうところの話をきちんと進めていただきたく。あなた達もバカじゃないんだから。
#僕はビール飲みながら見ていたので、何か重要なシーンを見逃していたらごめんなさい。

で、純は始末書を書く気がわかず、パソコンの画面には全角で「ifslkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk」などと書かれていました。「あsdfghじこ」じゃないんだね。

明日は5:30起床予定。
7:00すぎに日本科学未来館NHKニュースおはよう日本の中継が入るそうです(ヒント: プリウス)。仕事の都合でそこに行くので、チャンスがあればカメラに映り込んでやろうと虎視眈々と狙っています。そんな訳で、明日も朝早く出るので朝ドラは見れそうにありません。
明日こそ、黒木華ネタに朝ドラ付録を付けるのをやめようと思ってる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。