NHK『あまちゃん』第117回

昨日は、朝ドラ『ちりとてちん』の撮影地視察のため福井県小浜市へ行ってきた(巡った場所はこちら)当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の第117回めの放送を見ましたよ。

出演者のサイン色紙。劇中の魚屋食堂のモデルとなった鮮魚加福(いづみ町商店街)に飾られていた。

出演者のサイン色紙。劇中の魚屋食堂のモデルとなった鮮魚加福(いづみ町商店街)に飾られていた。


* * *
第20週「おらのばっぱ、恋の珍道中」

アキ(能年玲奈)と夏(宮本信子)が橋幸夫と面会していた頃、正宗(尾美としのり)と大吉(杉本哲太)はふたりだけで東京見物に出かけた。

途中、評判のラーメン店に立ち寄ったところ行列ができていた。正宗は機転を利かし、先に上野の森美術館で開催されているツタンカーメン展(会期: 2012年8月4日-2013年1月20日)に立ち寄り、行列が解消した頃を見計らってラーメン店に戻った。大吉は、正宗のそつのなさに舌を巻き、自分の負けを認めざるを得なかった。大吉は職務は鉄道の定時運行であり、自分の都合で行き先を変えたり時刻を変更させることができない。これまでは鉄道に誇りを持っていた大吉であったが、臨機応変に移動できるタクシーの良さを認めざるを得なかった。さらには、それを自在に操り、客の満足感を最大限まで引き出す正宗の手腕に舌を巻いた。大吉は、男としても正宗に敵わないと認めた。それで、春子(有村架純)へのプロポーズを撤回し、彼女のことを正宗に託すと言うのだった。正宗も安堵し、ふたりに友情が芽生えた。

そして、夏と大吉が北三陸へ帰る日となった。春子はふたりに持たせる「土産」があるという。それは、1年前に失踪したよしえ(八木亜希子)であった。春子は密かに何度もよしえと会い、話し合いを続けていたという。春子は、たとえ許してもらえないとしても家族に会い、謝りたいというよしえを弁護した。夏はそれを受け入れ、よしえには何も言わずに一緒に連れて帰ることにした。

夏やよしえが北三陸駅に着くと、スナック梨明日には街中の人々が集まっていた。夏が無事に帰ってきたことをみんなは大いに喜んだ。しかし、夏の後からよしえが入ってくると、店の空気が凍りついてしまった。

ユイ(橋本愛)の驚きと動揺は人一倍強かった。ユイは気がおかしくなって笑い出してしまった。笑いながらも、よしえを攻撃する言葉を次々に発した。よしえのせいで自分が高校やアイドルを諦めたこと、家族を捨てたしたたかな女だと陰口を叩かれていること、今さら帰ってくる資格などないなどとまくし立てるのだった。ユイはたまらなくなって店を飛び出してしまった。

ヒロシ(小池徹平)もよしえに食って掛かった。一方、功(平泉成)は落ち着くようにとりなした。けれども、夏は気が済むまで思う存分言い合うのがよいと助言するのだった。よしえにもそれだけの覚悟はできているはずだと告げた。

駅の待合室に佇んでいるユイの元へ、アキと種市(福士蒼汰)から写メールが届いた。ふたりはカメラに向かって変な顔を作り、それをユイに送ったのだ。ユイはそれらの写真を見て素直に笑った。
* * *


ユイ(橋本愛)が激しく動揺している所に、タイミングよくアキ(能年玲奈)と種市(福士蒼汰)が届きました。それでユイは落ち着いたようです。これは、明らかにアキがユイの心境を予測し、彼女を気遣うために撮影&送信したものだと思われます。

ただ、その思惑をアキが種市に明かしていたかどうかは不明。よしえ(八木亜希子)が帰ることになったという話はアキの実家で行われたもので、その場に種市はいませんでした。よしえのことをアキは種市に話していたない可能性があります。
また、変顔写真を撮影する際も、アキは「付き合っているのに、写真すら持っていない。ケータイの待受けにするから、写真を撮らせて欲しい。しかも、変な顔で」などと、あくまで待受画像であると言っていました。きっと、「おもじれぇ写真が撮れたから、ユイちゃんにも送ってやっぺ」(岩手弁は適当です)などと言って送ってやったのでしょう。種市には真の目的がわからないようにして。

そして、アキからユイに送ったメールには本文はなかったようです。ということは、ふたりが交際を始めたことはまだユイには知らせてないってことなんでしょうね。ただ、アキはヒロシ(小池徹平)には交際のことを伝えてあるので、彼の口からユイに伝わっていると考えているのだろうか。
ヒロシがユイに種市のことを伝えたかどうかは不明。その時一緒に伝えた、よしえの件はすぐにヒロシからユイに伝わっていましたが。

『あまちゃん』ヒストリー(時系列表)
『あまちゃん』 つづく

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。