NHK『あさが来た』第60回

昨夜はプッシュベアーズのギタボちゃんとLINEを使って初めて一緒に作詞を行い、僕が曲にのせて歌ったものを録画して送って確認してもらうなどということをしていた当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の第60回めの放送を見ましたよ。

* * *
第10週『お姉ちゃんの旅立ち』

炭鉱でみなと一緒に働くあさ(波瑠)は、近頃体調がすぐれない。あさに全く自覚は無かったが、妊娠していたのだ。

亀助(三宅弘城)は早速手紙を書いて大阪へ知らせた。その報せを受けて、家中は大騒ぎになった。あさには子供ができないと思っていた期待が、いい意味で裏切られたからだ。

亀助からの第一報ではすぐに大阪に帰ると書いてあったのに、あさはなかなか帰らなかった。
それどころか、宿舎に機織り機を導入し、外で働けない分を取り戻そうとしていた。亀助や親分の妻・カズ(富田靖子)は体に障ると心配したが、あさは聞く耳を持たなかった。

あさが大阪に帰らないことには理由があった。
反抗的な態度だったサトシ(長塚圭史)が従順になったが、どうやら裏でなにか企んでいる素振りがあるのだ。あさはそれが心配で炭鉱を離れるわけにいかないのだ。疑惑が晴れたら大阪に帰ろうと思っていた。
ただし、そのころは亀助以外には打ち明けなかった。大阪にも「仕事が片付いたら帰る」と一言ハガキを送るだけだった。

あさの妊娠は、女中・うめ(友近)からの手紙によって、はつ(宮﨑あおい)にも知らされた。
はつは和歌山に移住し、一家で助け合いながら幸せに暮らし始めていた。次男も無事に生まれ、子どもたちはすくすくと育っている。百姓になることを嫌がっていた姑・菊(萬田久子)も、はつと並んで働くようになった。

はつは、あさに近況報告と励ましの手紙を書いた。その手紙は大阪の家に送ったのだが、あさは不在のため読むことできなかった。その代わりに、新次郎が中を確認していた。
すると新次郎は気になる一節を見つけた。あさとはつの母・梨江(寺島しのぶ)は、つわりが重い質であったという。はつは幸い軽いつわりしか経験しなかったが、その分、母の性質はあさに受け継がれているかもしれないと書いてあったのだ。
新次郎は心配で居ても立ってもいられなくなった。

なかなか帰ってこないあさに業を煮やした正吉(近藤正臣)は、誰かを九州に派遣し、あさを連れ戻すことにした。
ただし、家のほとんどの者は仕事で忙しく、誰も九州にまで行こうとはしたがらない。そこで、正吉はうめに行くように命じた。あさは、幼い頃からうめの言うことだけは聞くので適任だと思われた。

そんなやり取りをしている所に、手紙を読んだ新次郎がやって来た。
いつになく男らしく、凛々しい表情で自分が迎えに行くと言うのだ。

こうして、新次郎はうめを伴って加野炭鉱へ向かった。
* * *


あさ(波瑠)は炊きたてのご飯の湯気を嗅いだだけで気持ち悪くなっていました。はつ(宮﨑あおい)の予言通り、つわりはひどそうです。

その他、サトシ(長塚圭史)があさが居なくなれば好都合だなどとつぶやく怪しいシーンがあったり、ふゆ(清原果耶)が相変わらず新次郎(玉木宏)に心を寄せているらしいシーンがあったり、うめ(友近)と大番頭・雁助(山内圭哉)の思わせぶりなシーンがあったりしたわけですが、全体的にとっちらかっていて、やっぱり軽くグダグダしてきたような気がしてなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。