NHK『あさが来た』第111回

2016年2月9日の日経新聞夕刊に「(それでも親子)タレント 山瀬まみさん 死ぬ夢見て単身赴任解消」という記事が掲載されており、山瀬まみが幼かった頃の父との思い出や現在の関係性についてインタビューに答えているわけだが、ちょっといい話で思わずうるっと来てわけだが、掲載されている写真もかわいらしいものでうおっと声を上げたりしたのだけれど、写真をクリックして拡大したら目尻の小じわが目立っていて思わずうぐぅと唸ってしまった当方が、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の第111回めの放送を見ましたよ。

* * *
第19週『みかんの季節』

惣兵衛(柄本佑)はあさ(波瑠)とふたりきりで話をしたがった。
あさが応じると、話題は藍之助(森下大地)のことだった。藍之助は銀行員として成功しそうかどうか聞きたいのだという。

あさは偽りなく、藍之助と一緒に働けて楽しかったと答えた。
藍之助が家出して大阪に出てきた時、加野銀行で年下の丁稚たちと一緒に働かせた。親戚から不遇な扱いを受けたにも関わらず、藍之助はひとつも不満をいうことなくまじめに一生懸命働いていた。あさはそのことを評価しているのだという。
きっと、有田のみかん農家としても立派に成長するだろうと話した。そして、もし自分に藍之助を預けてくれるなら、立派な実業家に育てるだろうと約束した。

一方であさは、惣兵衛のことが羨ましいと話した。一家みんなで一緒に食事を取り、同じ畑で働く様子に憧れるのだという。
近頃のあさは、仕事が忙しく、家族で一緒に食事をする時間もない。そのせいで娘・千代(小芝風花)ともすれ違いばかりで喧嘩が絶えなくなった。
加えて、炭鉱と銀行の2つの会社が軌道に乗ってしまった現在は、新しく何をやればいいかわからず悩んでいると胸の内を明かした。

あさと話しているうちに、惣兵衛はある決意をした。
そこで、あさたち夫婦を除いて、一家6人で家族会議を開いた。

惣兵衛は、若いころの自分は親に言われるがままの人生を歩んできたと話した。自分にはそれ以外に生きる道がないと思っていたのだという。
しかし、経営状況が悪化し、山王寺屋が潰れてしまった時、自分の人生は自分で切り開かなくてはならないものだと初めて気づいたと打ち明けた。初めは暗中模索で何をしたらいいかわからなかったが、よく調べると以外にも多くの選択肢のあることがわかった。良いものも悪いものもあったが、どれも惣兵衛の目には新鮮で刺激的なものだった。
その中から、はつ(宮﨑あおい)と支えあって今の生き方を見つけた。だから、はつにはこれ以上のない感謝をしているし、今の生き方に誇りを持っているのだと話した。

惣兵衛にとっては、みかん農家としての今の生き方が最高のものである。だから、藍之助にも同じ誇りを共有してもらいたいと常々思っていた。
けれども、惣兵衛自身が親の決めた生き方とは違う行き方を切り拓いたのと同じように、藍之助が自分で自分の人生を切り拓きたいという気持ちもわかるし、それを応援すべきだと悟ったと話した。

それまで黙っていた藍之助だったが、あらためて自分の希望に火がついた。
みかん農家であることも、この村で暮らすことも嫌いなのではない。自分にはそれよりももっと好きなものができてしまったのだと話した。一度でいいので、日本一の商業の町で働き、自分の実力を発揮してみたいと訴えた。

藍之助の大阪行きに反対していたはつであったが、惣兵衛や藍之助の話を聞いた後では反対することができなかった。藍之助の大阪行きを許した。
ただし、3年間で芽が出なければ帰ってくることを約束させた。惣兵衛とはつが有田でみかん栽培を始め、初めて実がなるのに3年かかったのだという。それと同じ3年間を期限と決めたのだ。
こうして藍之助の大阪行きが認められた。


惣兵衛たちが一家で話し合っている間、あさと新次郎(玉木宏)はみかん畑で時間を潰していた。
あさは千代のことを思い出していた。千代にも親の意見を押し付けるのではなく、千代本人に好きな生き方を決めさせるのが良いと思うのだった。
* * *


山瀬まみも17歳で芸能界デビューが決まった時は、父と一悶着あったと聞いています。
山瀬のインタビュー記事を読んだ後に今日の放送を見たので、なんだか胸にこみ上げるものが。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。