愛染明王のLayla

今日は、僕の通っている音楽教室の発表会でした。
いつものごとく映像を披露しようと思うのですが、その前に、昔話にお付き合い下さい。

2014年3月のことです。僕はかなり落ち込んでいました。
山瀬まみを10とすると、12くらい好きだった女の子がいたのですが、もう僕とは会いたくないと言われました。最近山瀬が骨折療養でテレビに出なくなっただけで生活の張り合いがなくなる僕ですから、その時の落ち込みようったらありませんでした。

悲しくて、悲しくて、とてもやりきれない。この限りないむなしさの、救いはないだろうか(サトウハチロー, 1968)。

救いは、Eric Clapton の “Layla” でした。自分を歌の主人公にして浸りきりました。

翌日、歌詞を書き写したり、日本語に訳したりして気を紛らわせる。
3日め、「やっぱ、この曲は歌詞もいいけど、ギターがカッコイイよな。死ぬまでに一度ギターで弾いてみたいなぁ」
数日後、通販でエレキギターと独習用ソフトRocksmith2014を購入。めっちゃ楽しい。Rocksmithに “Layla” は収録されていなかったけれど、それはギターが上手くなったら別途スコアを買って練習しよう。

1ヶ月後、Rocksmith での独習に飽き足らなくなった。音楽教室に通うことを決意。ギター講師は僕より10歳も若い奴だったけれど、気のいい兄ちゃんで相性は悪くない。むしろ楽しい。
1年後、初発表会で『タッチ』演奏
2年後、発表会で『私がオバさんになっても』演奏

そして3年め、今年。
発表会での演奏曲をギター講師と相談。僕は事前に候補を20曲ほどリストアップしておいた。一覧を眺めた彼は “Layla” に目を留めた。決定。ついに。

それでは、僕の3年間の練習の成果をお聞き下さい。
本番では、超有名なリフを何度も間違えてしまいました。ごめんなさい、ごめんなさい。リハーサルではもっと上手にやれたのに。くそ。



まだまだ発展途上の演奏ではあるけれど、あの人の耳に届くといいなぁと思います。

結論:
ギター楽しい。やっててよかった。もっとやりたい。
僕は元気です。明日、もう1曲演奏してきます。

追伸:
今日の衣装は、みうらじゅん画の愛染明王Tシャツ。
愛欲などの煩悩を追求し、そこから悟りを拓くという愛染明王。これぞ今の心境。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。