山瀬まみが「さんまのまんま」で泣かされる

YouTubeで見つけた。
1989年の映像なので、当時山瀬まみ19歳(この歳、二十歳になる)か。

この放送はVHSで持っていたはずだけれど、肝心のVHSデッキがぶっ壊れているので探せない。残念。
そして、少し心配しているのは、誤って上書きしてしまった可能性がある。
なお、「笑っていいとも」のテレホンショッキングに初登場したやつは、誤って上書きしてしまった。そのときのショックたるや、筆舌しがたい。


以下の映像に関して、記憶を元に補足。

山瀬まみの手土産は、メロンと牛乳。
メロンを半分に切り、種の部分をくりぬいて牛乳を入れる。
山瀬まみは、この「牛乳メロン」が大好物だと言っている。
それを食べたさんまは渋い顔をして「・・・普通に食べたかったなぁ」って言ってた。
そんなわけで、映像には牛乳パックが映っているし、最後にさんまも「メロン、ありがとう」と言っている。

番組の中で、山瀬まみは、習字が得意と言っている。
そんなわけで、実際に書くことに。
確か、「山瀬まみ」「明石家さんま」「竹脇無我」がお題だったはず。

で、書いてみるわけだが、あまり上手くない。
さんま曰く「普通なら、ゲストに何かかいてもらったら壁に貼るんだけれど・・・。これは持って帰って」ときたもんだ。
その上、さんまに「お前、習字が得意ってのはウソやろ」と突っ込まれるわけである。
それに対して山瀬まみは「ほんとですよ。でも、プロフィールに書いてある『好きな色はピンク』というのはウソだけど」と、すでにアイドル返上な回答。

そんなこんながあって、以下の映像なわけである。



10台の山瀬まみ、激かわゆい。
クッション、ナイスヒット。


中国で行われた女子フィギュアスケート大会で、中野友加里に異物をクリーンヒットさせたのは、実は山瀬まみではないかと思わないでもないことはない。つまり、そんなことはないだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。