俺の日ハム

Baseball Heroes 2ネタ。




このゲーム、1試合終わるたびに選手のカードが配出され、それを集めて自分のチームを強化していく。
僕は日ハムの選手を集めようと思っているのに、なかなか出ない。

そこで、業を煮やして、山城町国道24号線沿いの開放倉庫に出かけて、中古カードを購入してくることにした。
2006年の日ハムの主力選手(だと思われる人々。僕、真剣に野球を見ないから、実はよく知らない)を9枚ほど購入した。

確か、森本稀哲が380円、稲葉篤紀が280円くらい。
そのほかの選手は180円くらいで購入。
1ゲーム500円で2枚のカードがランダムに当たるのに比べたら、まぁリーズナブル。

本当は SHINJO も欲しかったのだが、1,000円近くしたのでちょっと断念。
キラキラ光る特殊カードで、ちょっと能力のいいヤツが売られていた。
通常版のヤツが500円くらいで売っていないかと、懸命に探したのだけれど、SHINJO だけは1000円弱のキラキラカードが1枚しか置いてなかった。
残念。

「まぁ、SHINJO は一身上の都合でデューダしたし、仕方ねぇか」
と自分を言い聞かせることにした。


そんなわけで、金銭による選手強化で僕のチームのラインナップはこんな感じになりました。
(色つきは日ハムの選手)


【野手】

打順選手名打数打率本塁打点四死得点盗塁犠打三振盗止
1森本稀哲15.1330100.00005
2金子誠15.13300011.00005
3田中賢介12.0830000.00004
4セギノールD12.1671212.00008
5稲葉篤紀13.0770001.00008
6小笠原道大19.2111241.00009
7川嶋慶三8.0000000.00013
8鶴岡慎也12.0830001.00004.400
9木元邦之8.1250000.00003
小谷野栄一59.1690501.000121
阿部慎之助94.1490131.000032.235
平野恵一122.2210124.000030
ズレータ73.2055806.000037
リグス162.22847414.000074
ガルシア153.2167151011.000067
緒方孝市115.2092534.333241


【投手】
選手登板勝利敗戦Sイニング自責防率三振四球被安被本
ダルビッシュ有10103 1/325.401230
八木智哉11006 11.5011040
武田久801115 31.8023281
トーマス1401222 2/3114.37373223
安藤優也731030 2/392.64393321
平野佳寿721041 2/351.08366361
薮田安彦500111 2/321.54211101
グローバー813032 164.50357332
木田優夫1911229 92.79363253
大久保勝信1011213 1/321.3531360
一場靖弘1006027 1/3206.59304458
石井貴1301120 1/373.10333174

Rinさんの王子様ことダルちゃんは、購入直後に先発で出したら、バカスカやられた。
そんなわけで、3回途中で交代し、防御率も5.40。
次の試合に期待です。

そして、打線は全然打たない、繋がらない、点が入らない。
ただし、Rinさんのバカボンこと鶴岡は、なんとか盗塁も刺せたし、ホームに帰ってきたし、それなりにがんばっている様子。


チーム成績も下位0.3%という、とんでもないところをうろちょろしてるし。
がんばれ、俺の日ハム。

チーム成績 2007年2月12日





ここで Excel からコピペして表を作った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (3)

  1. むぎゃー。13685/13725って何よ!?
    よわい、すすめパイレーツのパイレーツより弱い。
    しかも、うちの王子様だるちゃんをぼこぼこに…。だるちゃんは実況パワフルプロ野球の関係者に会って、キャラクター設定を「直球150km/h以上にして、すべての変化球を加えてください」と頼んだ男なのよ!そんな防御率ありえないわー。
    ところで、私の友人の「のりゆきのトークde北海道」のレポーター安達祐子ちゃんは先日沖縄の日ハムキャンプに取材にいったですよ。
    で、パチンコ屋でだるちゃんこないか待っていたら現れたのは
    「鎌倉、稲田、鶴岡」!
    密着取材のおかげで鶴岡と顔見知りになっており
    「ひまで、これくらいしかすることないんですよー」と彼らパチスロやっていたそうよー。
    ってことで、強くなってちょうだいよー。

  2. 「すすめ!!パイレーツ」って僕が小学校に入る前に連載されてたマンガじゃないですか。
    いくら江口寿史の作品とはいえ、僕にはわかりません。

    「実況パワフルプロ野球」も「ベースボールヒーローズ」もKONAMIのゲームですが、BBH2のスタッフにはダルちゃんの直訴が届かなかったのでしょう、きっと。
    うん、監督の腕が悪いんじゃない、きっと。

    鎌倉、稲田、鶴岡のパチスロトリオを収集するのを次の目標にします。
    #勝利は二の次。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。