八色茶房

ノスタルジックカフェ(まだ看板が残ってる)が、そっくりそのまま「八色茶房 (Yairo Cafe)」という名前のお店に変わっています。

ランチタイムに行ったのですが、ランチメニューは1種類だけ。
1,500円。
内容や料理の感じは、以下の写真を見てください。

八色茶房のランチの内容

八色茶房のランチのメイン

八色茶房のランチのデザート





なんだか、「メタボリック症候群とか塩分取りすぎとか、成人病が気になる方へのヘルシーメニュー」をテーマにしてるっぽいラインナップになっています。
一番上のメニューを見れいただければわかりますが、各料理に対して、どんな風に体に良いかのウンチクが語られています。

塩分、脂肪、高カロリー上等! こちとら、ジャンクフーズで太く短く生きるぜ!
などと香ばしい食生活を送っている当方には、いまいちピンと来ない感じかなぁ。

ノスタルジックカフェ時代には、ちょっと小洒落た♀店員さんがいましたが、八色茶房に換わってあんちゃん店員さんのみになったご様子。
#1回しか行ってないから、統計情報としてはアテにならないけれど。

メニューに関しても、ノスタルジックカフェではいくつか選択肢があったのだけれど、八色茶房では1セットのみ。
選ぶ喜びが感じられないのは、ちょっとがっかり。
でも、味は普通においしい。

あと、内装等はノスタルジックカフェの雰囲気そのままで、少々お行儀良くした感じ。
窓から見える風景は、相変わらず、畑と山とJRのローカル線。
リラックスはできる。
#でも、隣の農協が繁盛していて、そっちに目を向けるとちょっと現実に引き戻される。

ノスタルジックカフェ時代に、

晴れた休日の昼下がりに,女の子を連れてドライブしながら,ちょっと立ち寄るお店


当blogで紹介したわけだが、その役目は今でも果たせている感じ。

ただし、本日僕は一人で入店し、近所の開放倉庫で購入したベースボールヒーローズのカードをテーブルの上に並べて、スターティングオーダーを練るという、ネクラな時間を過ごした。
開放倉庫にいっぱい売ってたんだもん。日ハムの選手9枚を2,400円で購入なり。


【お店データ】
八色茶房 (やいろさぼう)
営業時間: 調査中 (日曜定休)
ランチ1500円 (1メニューのみ)
駐車場たくさん(未舗装)
15時まで全席禁煙



拡大地図を表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント (5)

  1. Cafe Gic: マフィン専門店 (ノスタルジックカフェ跡地)

    ノスタルジックカフェとか八色茶房のあったところが、マフィン専門店になっているようだ。
    そんなわけで、Cafe Gicにアタックしてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。