今年はウソが思いつかなかった

初年はWindows Messenger のイースターエッグに僕の名前が出てくるというウソをつき。
2年目は結婚するし、子供できるしという特大のホラを吹き。
そして去年は、当blogが本になるという妄想を語り。

でもって、「今年の April fool ネタはどうしようかなぁ」と考えること数週間。
何やかやといろいろあって、ついに思いつかなかった。

そんなわけで、もしかしたら2人くらいはいるかもしれない、当方の4月バカ話を楽しみにしていた人、ごめんなさい。
今年はナシです。





ていうか、なんで「なんやかやといろいろあった」のかというと、3月中は東京出張2本、名古屋出張1本でバタバタしていたり。
つーか、東京出張のうちのひとつなんて、朝5時に家を出て13時には自宅に帰ってくるという、移動に往復6時間、待機に1時間、実働30分というトホホな状況になっていたり、いなかったり。
実働の30分も、某”誰でも知っている、最近ビジネス界で話題のあの人”と20秒ほど名刺交換をして、あとはひたすらお偉いさんたちの話を聞きながら、黙々と議事録を取るだけという悲しい役割だったり。
いいんだけどね、それで給料もらってるんだから。

そのほか、Excel にひたすら数字を打ち込んで、2回くらい打ち間違いがないかチェックして、その後は(一部の人には)ご存知SPSSちゃんと真剣師のように対峙して、カリカリとデータ分析。
あんなに苦労してデータを打ち込んだのに、全然仮説が支持されないし。ちっ。
いいんだけどね、実証研究者は山師みたいなもんだから。

あとあと、とある週末、某でっかいスピーカーのついた軽ワゴン車を運転して木津川市周辺をグルグルと流していたり。
まぁ、なんつーか、今は告示中なのであんまりおおっぴらに言ったり書いたりしてしまうと、下手すりゃ新聞沙汰になってしまうようなアレですが、とにかく、清き1票を投じるとどういう世の中になりそうかってことを放送してまわるアレです。
半日も聞いてりゃ、完全にセリフを覚えてしまった。
今なら、ソラで唱えられるくらい、耳について離れない。
いいんだけどね、一生のうちにそれほど経験できることでもないし。


ひちょり弁当つーか、現在、北海道上陸中。
2005年の正月以来、実に2年ぶり。

新千歳空港の到着口の通路に掲示されている前田真三撮影による美瑛の風景とか懐かしく眺めていると、いきなり蛸入道みたいなポスターが目に入ってきた。
何でも、北海道文化放送(UHB)と道内ローソンの共同企画で、3月29日から3週間ほど日本ハム・ファイターズの森本稀哲選手がプロデュースしたお弁当を販売するらしい(詳細こちら)。

さすがは、「試される大地 北海道」。
いろいろ試されてるねぇ。


今回の来道では、当方の青春の故郷・札幌にも行きたかったんだけれど、日曜の午後には関空行きの飛行機に乗らなくてはならないし、苫小牧でちょっと真面目な用事があったり、なかったりで断念。
ちょっぴり残念。
#でも、ひちょり厨房の弁当は探して食う所存。




ところで、今日(3/31)は友引だったので、某幼馴染(♀)の実家におじゃましてきた。
わかった、娘はくれてやる。そのかわり、一度だけでいい。奪っていく君を、君を殴らせろ
とか言われた。
どこの『親父の一番長い日』(さだまさし)ですか?

よせばいいのに
本当に一度だけですか?
と軽口を叩いたら、横から某幼馴染(♀)に肘鉄を食らった。

暴力反対。
特に、自分は絶対に家庭内暴力とかしない人間になろうと、心の中でとりあえず決意しておいた。


そして、やっぱり北海道はいいねぇ。
寒いけど、暖かい。
道内大学のどこかでポスト空きませんか?

【追伸】
もうお気づきのことかと思いますが、このエントリーはタイトルからすでにウソですから、よろしくお願いいたします。
つーか、本当の3/31(友引)はゲーセンで日ハムで遊んでた。2勝1敗2引き分け。
テレビ中継の阪神戦を見ていて、阪神チームを立ち上げようと思って、カードを買いにいったんだけれど、肝心の赤星と金本が売られておらず断念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。