俺の愛が試される山瀬まみ

今さらクドクドと言う必要もないが、山瀬まみを心から愛している当方だ。
特に、10代のころの山瀬まみと言えば、天使も裸足で逃げ出すくらいの可愛さであると信じて疑わない。

そんな当方でも、このビデオを見続けるにはかなりの忍耐力を必要した。
山瀬まみへの愛をもってしても、ちょっと恥ずかしくなった。
特に、1:10あたりからのクサい芝居。


しかし、僕は彼女への無償の愛で全編を見た。
そして、九州地方の天気が良さそうだということも十分理解した。

その上で、今日僕も赤いボーダーシャツを着ていて、ビデオの中の山瀬まみと意図せずペアルックになったことをひじょうにうれしく思い、生きてきてよかったと思った。

シルクロードの終着駅で鉄道模型を撮影する俺
シルクロードの終着駅で鉄道模型の撮影をする今日の俺。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。