これはどこ?: 「誰も寝てはならぬ」9巻の表紙

僕はまだ入手していないのだけれど、サラ・イネスの『誰も寝てはならぬ 9』が出たらしい。

毎回、表紙の絵を楽しみにしている当方である。この漫画の舞台である東京・赤坂の風景が表紙になってる(たまに長野の善光寺とかになったりするけど→4巻)。
いつも、表紙の場所を特定するのが楽しみなのだが、なかなかわからない。唯一6巻だけは僕にも場所がわかって、実際に同じ場所で同じ衣装で写真を撮ったりした。



さて、最新巻の9巻もどこかのお店の前の風景。
暖簾が写りこんでいるので、簡単に場所が特定できそうだ。

しかし、僕は赤坂のあたりには不案内なので、手がかりがありません。
暖簾の「塩」の字は読めたけれど、右の字はわからないから検索とかもしようがない。

どなたかお分かりの方がいらっしゃったら、教えてください。
また、同じ衣装を着てコスプレ写真を撮りに行こうと思っております。

誰も寝てはならぬ 9
『誰も寝てはならぬ 9』 サラ・イネス


ただし、今回は場所の特定より、衣装の準備が大変だなぁ。
ハマのおじさん」っていうシャツ、なんだよそれ。そんなのどこで入手できるのよ。

コメント (6)

  1. 木公
    なんだ、赤坂の「塩野」じゃねーか。軽く探したら、ソッコーで判明した。
    たとえば、このblogに出てる入り口の写真がそっくりだ。
    http://mebae.mo-blog.jp/mahalo65/2007/03/post_74f8.html

    和菓子 塩野のサイトは http://www.siono.jp/ だった。「千代田線赤坂駅2番出口より徒歩1分」とのこと。
    #あと1日早く知ってりゃ、今日は首都圏にいたのになぁ。
  2. 木公
    そうか、「ハマのおじさん」って、横浜ベイスターズの工藤公康・投手のことだったのか・・・
    #正しい表記は「濱のおじさん」

    以下のblog記事に「濱のおじさん」グッズの話が出ているけれど、ハルキちゃんが着ているのと同じ赤いシャツはなさそうだなぁ。
    http://blog.livedoor.jp/sasasama/archives/51045328.html
    #ていうか、赤は横浜カラーじゃねーよな。
  3. Kayo
    手書きしたらいいにゃん☆
    よりリアルになるし・・・
  4. 木公
    そうか、自作か。

    でも、どこで着替えるかの判断に迷う格好ですよねぇ。
    事前に着替えて行くと移動中に恥ずかしいし、現場で着替えようにもかなり不審人物・・・。しかも、手書きで作ったシャツの場合は特に。
  5. りんの母
    上に何かを着て行けば恥ずかしくないと思いますけどー(笑)
    自作するならアイロンプリントペーパーを使ってはいかがでしょう?
    手書きよりは既製品っぽさが出て、そのままの格好でも
    恥ずかしくないかも。

  6. 木公
    確かに、上になにか羽織ればいいですね。
    なんでそんな単純なことに気づかなかったんだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。