500系新幹線が「こだま」に 時速300キロ、11歳 (asahi.com)

さらに新幹線ネタ。

asahi.com(朝日新聞社):500系新幹線が「こだま」に 時速300キロ、11歳 – 社会

 東海道・山陽新幹線の「のぞみ」として主に走っているJR西日本の500系車両が、年末から山陽新幹線の「こだま」になることになり、試験走行が始まっている。
 97年3月に登場。国内で初めて時速300キロでの営業運転を実現した。独特な形状の先頭車両は人気が高い。1編成は16両だが、こだまでは半分の8両になる。
 業界内で新幹線はアルファベットで識別される。500系はWだが、8両のこだまだとVに。「車両が半分になるから字も半分にしたわけじゃありません」と同社。


500系は時速300キロで走行できることが自慢の一つだが(近年は、N700も300キロ出るそうだが)、その速度に達するまでどのくらいの距離 / 時間が必要なんだろうか?
各駅停車のこだまになると、時速300キロを出す機会はあるんだろうか?

500系
(写真はウィキ・コモンズから)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。