ミゼット怖い(まんじゅうは怖くないし、あのゼリーも怖くない)

厚生労働省がまとめた不慮の事故の種類別死亡数 (Excel file)という統計資料を見ていて、ビックリした。

なんと、オート三輪車乗員の死者が年間2人(2006年)もいるのだ!

ダイハツ・ミゼットオート三輪なんて今日ではほとんど見かけることはない。僕が博物館以外で最後に見たのは、昭和の時代に近所の空き地に廃車同然で打ち捨てられていたミゼットだった。雑草の中に半分埋もれたミゼットはオンボロで完全に時代遅れだった。エンジンで動く三輪車が世の中にあるのだと知って、カルチャーショックも受けた。その反面、愛嬌のある顔付きはたいそう気に入って、愛着もわいた。もしかしたら、僕が WiLL CYPHA なんてクセのあるデザインの車に乗っているのも、ここにルーツがあるのかもしれない。

そんな愛くるしい姿のミゼットであるが、年に2人もの人間を殺しているのだ!可愛い仮面の下には、冷徹な殺人者の顔があるのだ!

死者が出ているのは2006年だけではなく、2003年には4人、2004年5人、2005年3人と、資料のある4年間だけだが、コンスタントに死者を創出している。この期間だけで平均を取れば、3.5人/年に相当する。

どうして国やメーカーは、こんなに恐ろしい製品を野放しにしておくのか。国民的歌手である松田聖子と漢字一文字違いであるところの消費者行政担当の人は、今すぐにダイハツの社長を呼びつけて、ミゼットの回収を命じるべきだ!年平均3.5人もの命が奪われていることを厳しく受け止めるべきだ!(1)ミゼットのボディに大きな警告をつけるとか、(2)凍った路面を走行しないように表示するとか、(3)せっかくだから運転者から見やすいようにフロントガラス上にも注意喚起シールを貼る–などの再発防止策をメーカーにやらせるべきだ!(参考記事







で、本当は何が怖いんだ?

今度は、つるんとしたこんにゃくゼリーが怖い。

こんにゃくゼリーによる窒息死は、1995年以降17人の死者が出ており、平均すれば 0.8人/年。オート三輪よりレア。
食物の誤嚥による死者は年間4,000人ほど。その死者のうちこんにゃくゼリーが占めるのは1人以下。ああ、怖い。

あまりに怖いから、メーカーは製造中止を決めたね。ああ、怖い怖い。

注意して扱えばそれほど危険のなさそうな食品が、国の圧力でつぶされたなんて、ああ、怖い怖い怖い。


参考:
「蒟蒻畑ポーションタイプ」一時製造中止のお知らせ(株式会社 マンナンライフ)
不慮の事故の種類別死亡数(厚生労働省)
こんにゃくゼリー自主回収促す 事故受け消費者担当相(asahi.com)
ダイハツ・ミゼット(wikipedia)
まんじゅうこわい(wikipedia)


備考:
数日前に書いて没にした文章なんだけれど、よく学会で見かける大学の先生が言及していたので、尻馬に乗った。
また、この文章は、国民的歌手である松田聖子と名前が一文字違いの政治家の人を揶揄することが目的であり、そのためにダイハツ・ミゼットを引き合いに出しましたが、あくまでそれは話を盛り上げるためであり、不当にダイハツを貶めるものではありません(「まんじゅうこわい」の意味がわからない人のために、念のため)。

コメント (5)

  1. めちゃめちゃウケました。
    いやぁ、、、やっぱりデカデカと警告を表示すべきでしょう!!
    あと、急性アルコール中毒の死者もあとをたたないので、間違っても未成年は飲まないように、かつ飲み過ぎないように、ボトルにもっと大きく警告を・・・それから・・・

  2. 警告を大きく表示で思い出しましたが、5年位前にタバコのパッケージにものすごく大きく健康被害のことが書かれるようになりました。あれって何かしらの効果(タバコを吸う人が減る、肺がんの検査をする人が増える)はあったんだろうか。
    誰か、データのありかを知ってる人います?

    ちなみに、僕はタバコのパッケージが切り替わったとき、失笑しただけで特に喫煙に対する態度に変化がなかったように思います。

  3. なるほど、一酸化二水素ですか。こりゃ危険ですね。

    たまに、この物質の致死量の話が出たりして、軽くビックリしたり笑ったりしますが、ここまで詳細に書かれると、すごいですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。