『RIBBON』 山瀬まみ

以前、こんなことを書いた

あと、山瀬まみCDも5枚ほど車に搭載した。
“Private Edition”、”親指姫”、”親指姫 ふたたび”、”Might Baby”、”山瀬まみコレクション”。
本当は “RIBBON” も持っていたはずなのだが、ここ数年見当たらない。
実はものすごくショックを受けているのだが、もうオトナだから我慢する。


オトナだから我慢していたのだけれど、やっぱりずーっと心に引っかかっていて、実家の納戸をガサガサと探してみたら、やっと見つかった!

山瀬まみ 『RIBBON』のジャケット




これ、2000年頃にネットオークションで入手したもの。当時、いくらで落札したのか忘れてしまった。
今、ネットで検索したら中古品が6,300円で売られていたりする。
いやぁ、見つかって良かった、良かった。

まぁ、正直、このジャケット写真に関しては、生粋の山瀬ファンの当方としても、いかがなものかと思わないでもないのだが、80年代はそういう時代だったしとオトナの対応で納得しておくことにした。


さぁ、次は、2000年頃に出たホリプロ・スカウトキャラバン25周年(?)記念DVDボックスを探すぞ!歴代優勝者が全部入っているなかなかのレア物。
山瀬まみはもちろん、井森美幸のヘンテコ・ダンスとか、当方が微妙に気に入っている田中陽子とかいろいろ入っていたはず。

問題は、納戸は寒いし、埃っぽいし、雑然としていて全然作業がはかどらないことだ。

コメント (4)

  1.  えっ、このジャケット写真、何か変? 生粋の80年代育ちの当方としては、何の違和感もないのですが…。松田聖子とかこんな感じだったし。

  2.  「似合ってない」というのはキャラクター的に? 外見的には似合ってると思いますが。

     十字架のイヤリングが80年代って感じですねぇ…。前髪で見えないけど、きっと眉毛、激太なんでしょうねぇ…。

  3. 要するに、僕はポニーテール系を好むので、そうじゃない姿を気に入らないというだけの話かもしれない。

    眉毛、太いでしょうね。
    でも、山瀬まみは90年代以降の細眉ブームのさきがけの一人なのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。