『Q.E.D. 証明終了』は、「ちりとてちん」でいっぱいだった

今日から放送開始のNHKドラマ『Q.E.D. 証明終了』を見た。
別に主演の高橋愛(モーニング娘。の人らしい。よー知らんけど)のミニスカ姿の太ももが見たかったとか、そういう理由ではなく、脚本が藤本有紀だったからだ。

藤本有紀っつーのは、当方がハマりまくった NHKの連続ドラマ『ちりとてちん』の脚本を書いていた人だ。
『ちりとてちん』つながりで、ものすごく期待して見てしまった。

元々、原作があるもの(マガジンGREATに連載中、加藤元浩のマンガらしい)なので、『ちりとてちん』で藤本有紀が書いたような、ベタな笑い&伏線が満載というものではなかったのは、ちと残念。原作モノの上、基本的に1話完結型なので彼女のカラーを完全に表に出すにはいろいろ制約があるだろうことは理解するが。


しかし、穴が開くほど『ちりとてちん』DVD-BOXを見まくった当方にとっては、楽しい配役が満載だった。




今日の1回目の放送には、いきなり田実陽子が出てきてビックリ。以前に当blogで紹介したこともあるけれど、居酒屋・寝床の女将さん役で、山口智子にちょっと似ていてるあの人。まぁ、ドラマの中では特にセリフもなく、冒頭でいきなりスカイダイビングの事故で死んじゃうケド。
あと、殺人事件の容疑者の一人として、友井雄亮(サイトの写真、かっこよすぎで笑った)登場。『ちりとてちん』では、アホのお坊ちゃん・和田友春(箸工場の息子で、後に主人公の幼馴染と結婚)をやってた人だ。
実は、エンディングテロップ見るまで、彼だと気づかなかったことは秘密だけれど。だって、アホボンやってたときと雰囲気が違って、暗い役だったんだもん(さらに、アホボンやってたくせにサイトの写真がかっこよすぎて笑ったことも秘密だ)。


まぁ、そんな感じで、懐かしいちりとてメンバーを見たところで、ドラマ自体はあまり面白いものでもないような気がしたので、今週で見るのは終わりかなぁ・・・なんて思っていたら。

来週の第2回目のゲストメンバーを見たら、こりゃまた見ねばなるまい、ミネバ・ザビ。
『ちりとてちん』で、主人公の祖母を演じていた江波杏子(この人も、ちりとてとイメージ違いすぎ)が出てくるわ、一番弟子・草原にいさんの妻役をやっていた押元奈緒子(この人が南野陽子に見えて仕方がない俺がいる)が出てくるわ。

こりゃ、完全に『ちりとてちん』ファンを取り込もうっていうNHKの魂胆が見え見えだ。
見え見えだけれど、俺は乗せられる。来週も見る。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。