役に立たないものに役立たない価値を見出す少年

ここ数日のモヤモヤした気ぜわしさは、このエッセイに出てくる少年の利発さによって昇華させられた。

東直己『腹の虫 第247回』「スマート」(2010年2月18日)

素敵な物、役に立つ物、立派な物を贈るつもりはなかった。なんの役にも立たない物をプレゼントしてやりたい、全く詰まらないものを贈呈して、一緒に大笑いしたい、と思っていた。で、店に入ったら、小学校低学年くらいの子供が、レジのところの椅子に座って、ドラえもんだかなんだかのマンガ本を読んでいた。

続きは、web サイトで。
ただし、寿郎社のサイトは意地悪で、リンクを貼ってもトップページにリダイレクトされてしまう。やれやれ。
右のほうにある「東直己 腹の虫」というバナーをクリックして、第247回を読んで欲しい。・・・めんどくさくて、読まないで済ます人がいつもより多そうだけど。

コメント (2)

  1. Caesar

    リンク先に携帯(SH-04A)のフルブラウザからアクセスすると…
    『ウィンドウの内容を更新しますか?』
    と聞かれるので迷わず『いいえ』を選択すると…
    リダイレクトされないので楽に見れました

    私だったら上機嫌になって提示されたアイテム全部買っちゃいそうだと思った

  2. 木公

    僕は5枚足りないトランプでババ抜きをやってみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。