NY生活(1): 小樽

 昨日、松本清張の『ゼロの焦点』を読み終わった。昨年、広末涼子主演で映画化(犬童一心監督)されているが、調べてみると1961年にも映画化されているそうだ(wikipedia 参照)。

 1961年版の主演は久我美子(wikipeida 参照)。どんな女優さんなのか存じ上げないので、Google の画像検索で探してみた。若い頃はなかなかのカワイコちゃんだ。彼女が活躍していたのと同じ時代に青春時代を過ごしていたら、現在の僕が広末涼子に向けるのと同じくらいの関心を彼女に注いでいたかもしれない。

 『ゼロの焦点』は、新婚ほやほやの夫が出張に出かけたまま行方不明になるという話だ。見合い結婚で日が浅く、相手の立ち寄りそうな場所や人間関係、彼の過去などの情報がほとんどないまま、妻が夫の捜索に奔走するというストーリーだ。小説はなかなか面白かったし、広末涼子や久我美子は僕の好みの顔なので映画も見てよいかなという気がする。しかし、ストーリーを一通り知ってしまった現在、中谷美紀が社長夫人やったり、木村多江が会社受付嬢をやるのは、ちょっと僕のイメージから外れるかなぁ、と思う。だから、出演者になんの先入観も無い1961年版を見るのがよいかな、と思っている。

 さて、1961年版の監督は、野村芳太郎(wikipedia 参照)という人で、親子二代に渡って日本の代表的映画監督らしい。彼の作品ラインナップを見ると、美空ひばり主演で『伊豆の踊子』を撮っているそうだし、松本清張原作もたくさん手がけている。彼が監督だとは知らずに、清張の『砂の器』の映画化作品は過去に見た。原作を読まなくてもいいやと思うくらい、良いできだったように思う。

 その上偶然にも、本日4月23日は野村芳太郎の誕生日でもあった(1919年生、2005年4月8日没)。

 そんなわけで、僕の中ではにわかに野村芳太郎ブームが巻起こりつつあり、これを称して「NY(のむら よしたろう)生活」と呼ぶことにしようかと思う。

いや、呼ばないけど





入浴剤をたくさん頂きました 諸君、長くてどうでもいいマクラにお付き合いいただいたことに、まずは感謝の意を表す。
 そして、ここからが本題だ。

 本日、4月23日は野村芳太郎の誕生日であるのと同時に、当方の誕生日イヴにもあたる。寅年の当方は、なんと明日36歳になってしまう。

 そんなわけで、「3回目の年男なのに、こんなにチャランポランな人生で良いのだろーか」と少しションボリしながら帰宅すると、家のドアノブになにやら紙袋がぶら下げられていた。

 「ドレドレ」と見てみると、ご近所猫仲間のりんちゃんのお母さんからの1日早いお誕生日プレゼントだった。中には、入浴剤が10袋ほど詰め込まれていた。ありがとうございます。

 つーか、ものすごくウケ狙い感満載の詰め合わせですが、あまりのバカバカしさにこれからお風呂に入るのが楽しくなりそうです。

Bath in 小樽 そんなわけで、早速風呂を沸かした。
 袋に手を突っ込み、「何が出るかな、何が出るかな、今日のお風呂は何かな♪」とご機嫌で歌を歌いながら、目をつぶって1袋つまみ出した。

 つまんだ結果が「Bath in 小樽: 赤ワインの湯」。「オホーツク産の塩を配合した北海道『大地のお風呂』」と書いてある。
 さすがは北海道を愛してやまない俺だ。「艶美女(フェロモンハンター)が俺狙い」とか「モテる男の入浴剤」、「愛されラブ風呂」など、これぞ入浴剤生活初回を飾るにふさわしい!というものが8割近くを占めているのにも関わらず、ものすご~く地味なものを引いてしまった。

 しかもパッケージ裏をよく読むと

太陽の恵みをたっぷり受けたメキシコ産の天日塩とオホーツクの海水を汲み上げて煮詰めたにがりたっぷりの海塩を贅沢に2種類配合。

などと書かれており、ちょっと北海道成分が薄くなっとる。なぜにメキシコ!?

 さらには、

日本有数のワイン用ぶどうの産地・北海道の中で主力品種の黒ぶどう・セイベルをじっくり発酵&熟成させた赤ワインをブレンド。ローズの花びらとローズヒップで、ワイン風呂がさらにゴージャス風呂に!

などと大げさなことが書いてある。
 北海道でワイン用ぶどうが栽培されていることは知っているが、あれは確か余市とかが有名で、小樽あんまり関係なくないか?しかも、北海道が日本有数の産地かどうかは少々疑問だし。あと、「ローズの花びらとローズヒップ」なんてわざわざかっこよさげに書いてあるけれど、要するに「バラの花びらと果実」じゃねーか。わざわざローズヒップなんて小洒落た書き方するんじゃねー。

 などと、プリプリつぶやきながらも、お風呂に入ったらバラの良い香りが充満しました。風呂上りの現在も、体中からバラの香りが漂っていて、タキシード仮面様(google 画像検索)程度にはセクスィーになっているかもしれません。

 と、いうわけで、たくさん入浴剤をいただいたので、これからしばらくは楽しいNY(入浴剤)生活を送ることができそうです。

 本当にありがとうございました。

コメント (6)

  1. お誕生日おめでとうございます。

    61年版「ゼロの焦点」オススメですよ。
    主人公の久我美子さんより脇役の有馬稲子さん
    (最近市川昆監督との不倫・中絶をカミングアウト)
    の哀れさに心惹かれるものがあります・・・。

  2. 有馬稲子さんは会社の受付嬢・田沼久子役なんですね。どんな人か知らなかったので、やはりgoogle 画像検索で顔を確認しました。なるほど、イメージにぴったりです。

    お祝いのお言葉、ありがとうございます。

  3. お誕生日おめでとうございます。
    初回は小樽でしたか。
    ウケ狙いばっかりじゃなく、まともっぽいのも
    少しは入れないとなぁと選んだ物でございます。
    ぐふふ、今後のNY生活が楽しみですね~。
    NY生活で男を磨きまくってください。

  4. いつもありがとうございます。

    さきほど、猫の肉球付き歯ブラシ(グリップ部分にぷにぷにパーツがついている)も同梱されていることに気づきました。
    重ね重ね、ありがとうございます。

  5. NY生活(6): 艶美女が俺狙い

     今宵の入浴剤はこれ。 「放て!男の香り 艶美女(フェロモンハンター)が俺狙い」 一度でいいから艶美女(フェロモンハンター)に捕獲されたい!マッチョな体に…

  6. NY生活(11): モテる男の鉄則その2

    本日の入浴剤はこれ。 「モテる男の入浴剤: 香水系マリンの香り」 ★モテる男の鉄則その2触りたくなるモイスト肌にしっとり保湿!3つの成分配合・ローヤルゼリ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。