『沢田マンション物語』読書感想文 by りん母

 りん母さんより、読書感想文大会への投稿がありました。
 【自由図書部門】 にエントリー、『沢田マンション物語 2人で作った夢の城』(古庄弘枝)の読書感想文です。




沢田マンション物語
私が高知に住んでいた頃、気になって気になって仕方がない建物がありました。
その建物は「白いコンクリートの5階建てくらいのマンション」で、とてもユニークというか奇妙な外観をしていました。

まず、一般的なマンションより緑が多いこと。
マンションでガーデニングを楽しむ方も多いでしょうが、ベランダガーデニングの域を遙かに超えた大きさの木が茂っていました。
それも1階の庭部分ではなく、各階のベランダや屋上に大きな木が茂っているのです。
マンションの裏側は山でしたが、山と調和しているような、山にマンションが飲み込まれているような感じでした。

そして屋上に生えているのは木だけではありません。
クレーンも生えて・・・いやいや、建っていました。
初めて見たときは工事中なのかと思いましたが、クレーンが動いて工事をしている様子は一度も見られませんでした。

更に変わっていたのはマンションの外壁を囲むようにスロープがあること。それはショッピングセンターの屋上駐車場へのスロープのミニバージョンのような物で、普通のマンションではあり得ない位置を車が走ったりしていました。
ベランダの横とか。
だからと言って屋上駐車場がある様子も見られないのです。

説明するのは難しいのですが、とにかく一般的なマンションとは何かが違っていました。

奇妙だと感じたのは私だけではないのでしょう。
何度かテレビで「面白物件」として取り上げられたそうです。
本書はその奇妙なマンション、沢田マンションの物語。

外観だけでなく、内部や生活までもが「変わっている」という沢田マンションは、オーナーである沢田夫妻が自分たちで建てたそうです。
自分たちの好みに注文した、ということではありません。
マンション建設の全行程を2人だけでやったというのです。
しかも建築について学んだこともなければ、マンションの図面もないのだとか。

世の中には色々な物を手作りする人がいます。
マスクを手作りする人もいれば猫の駅長帽子を作る人だっている。
マスクや駅長帽子の図面がないと言っても誰も驚かないでしょう。
それくらい簡単に真似できるわ、と思われるかもしれません。
では鉄筋コンクリートのマンションではどうでしょう。
図面もなく独学で手作り・・・すげー。

さて、本書ではマンションの日常風景や沢田夫妻の生い立ち、マンションを建てるに至った経緯などが「こんな困難もあったけど乗り越えましたよー」と語られています。
○○さんの物語にありがちな話の展開です。

残念ながら木公さんには本書を読むことをお薦めできません。
なぜなら木公さんは沢田マンションを見たことが無いから。
沢田マンションの何ともいえない不思議な空間は本書を読んでも伝わりません。
やっぱり生で見ないと。
というわけで、木公さんには沢田マンションを見に行くことをお薦めします。
場所は高知自動車道、高知インターのすぐ近くです。

コメント (8)

  1. sterai
     あぁー、TVで観たことあるかもしれません。木公さん、是非取材に行ってきて下さい。
  2. 木公
    取材に行ってもいいけど、経費の請求をそっちに回すよ。
  3. sterai
     いや、でも、このマンション一見の価値はあるよ。
  4. 木公
    「そこまで言うなら、ちょっと調べてみるか」と、画像検索しそうになりましたが、それをやるのは男らしくないと思いとどまり、いつか実物を見に行ける日を夢見て、これからも力強く生きていく所存。
  5. sterai
     仕方ない僕が行きますよ。以前から「いつか四国に美味しいウドンを食べに行きたい」と思っていたし。(ただし、旅行嫌い・資金難・決定力不足の僕なので、すぐには行かないと思います。今後20年くらいの間で行けたらいいな…、みたいな感じ。生きている間に四国・九州の地を踏むことはあるのだろうか…。)
  6. 木公
    指摘したいことは、うどんが名物なのは讃岐(香川県)であり、沢田マンションがあるのは高知県高知市であるということ。両方とも四国であることに間違いはないが、結構離れてる。

    例えていうなら、道産子が「いつか北海道に森駅のいかめしを食べに行きたいと思っていた。そのついでに時計台を見物に行く」と言われてムカツクのと同じくらい、イライラしてる四国人がいるかもしれんよ。一緒くたにするな、と。
    #ただし、物理的距離ではなく、認知的距離の話ね。


    ところで、地図をじっくり見たら、うちからだと車で愛媛県松山市に行くのとあんまり大差がないかもしれんという気になってきてしまいました。
    また根性試しの日帰りツアーしてもいいかな、とチラと思う。一方で、松山に行くのと70%くらい同じ道を走るのがツマラナイなぁと思っていたり。

    でも、桂浜で「日本の夜明けは近いぜよ」などと坂本龍馬ごっこをしたいので、高知には激しく行きたいところ。

    ていうか、一緒にカツオ食いに行きましょうよ。
  7. sterai
     え、でも、うどんの全国的に有名なお店って香川に限らず四国中にあるよ。それに北海道から四国に行くとなると、どうせならグルッとまわろうということになる。沢田マンションにかこつけた「うどんツアー」ですから。

     あぁ、カツオ食べたいですね、カツオ食べたい、…と言うか、カツオ釣りたい!
  8. 木公
    今、8ch の「THEご当地遺産 ジモトラベル」とかいう番組で高知県の沢田マンションが紹介されております。見ております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。