山瀬のベスト・アルバム、新発売

山瀬まみのデビュー時のキャッチコピーが「国民のおもちゃ、新発売」であることは、わりと知られた話。有名なのだから当然予想しておくべきだった。でも、できなかった。

MY25.jpg

本日発売された山瀬まみデビュー25周年記念盤「25th Anniversary Best Album」のキャッチコピーが

国民のベスト・アルバム、新発売

であった。

山瀬ファンとしてこれは一本取られた。そして、とても良いコピーだと思った。


もちろん、「山瀬まみは国民的歌手なのか?」と聞かれれば、僕も全力で否定する。山瀬まみが国民的歌手であるはずがない。それを認めることは、北島三郎らに対して失礼だ。ましてや、山瀬まみのCDが国民的ベスト・アルバムであろうはずもない。それを認めることは、Dreams Come True 他に対して申し訳が立たない。

それでも、ご存知の通り山瀬まみを愛してやまない当方にとっては、これぞ Best of the Bests なのだ。山瀬まみ万歳!!


さて、山瀬まみが大好きな当方であるので、山瀬まみについて書き始めたらキリがない。キリがないと、肝心のベスト・アルバムを見聞きするヒマがなくなる。DVDだけで2時間半もあるというのに。

とは言え、どうしても書きたいことだけ、書いておく。そしてDVDに戻る。

これまでキングレコードから発売された山瀬まみのCDにしては、ブックレットの充実ぶりに目を見張った。これまでは、そっけなく歌詞が掲載されているだけだったのだ(それに対して、ソニーから出たアルバム「マイト・ベビー」は、山瀬コスプレのオンパレードでとても見ごたえがあった)。
ところが今回は特別仕様だった。全曲について、山瀬まみのコメント付きであった。たったそれだけのことだが、今までなかったことだし、山瀬ファンとしては嬉しい。
ホワッツマイケル(猫アニメ)の主題歌「星空のエトランゼ」については自身が猫アレルギーであることをカミングアウトしたり、機甲戦記ドラグナー(ロボットアニメ)の主題歌「スターライト・セレナーデ」についてはカラオケに収録されていてビックリしている(そりゃ、隠れた名曲としてその筋じゃ有名だしね)とか、「ゴォ!」のPVがMTVアワードにノミネートされたときに Micheal Jackson や Maddona と同じパンフレットに名前が載ったことが自慢だとか、いろいろ細かいことが書いてある。これは読んでて楽しかった、ファン的に。

そして、今回の新曲「Thank you, all of my friends」。昔から、山瀬まみはバラドルのくせに歌がうまいことに定評があった。その歌唱力はまったく衰えていなかった。山瀬まみのソロ曲は18年ぶり(「マイト・ベビー」以来)なのだが、まったく色あせてない。いいことだ。そして、わりといい曲。

DVDはデジタル・リマスタリングとかは一切されていないようだった。あまりきれいな映像とは思えなかったし、VHSレベルだった。それでも、20年前の山瀬まみはめちゃめちゃかわいいのだ。

さぁ、かわゆい山瀬まみを見に戻る。

コメント (1)

  1. ピンバック: [alm-ore] 山瀬まみ『パーフェクト・ベスト』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。