夏の終わりのハーモニー: 東海道五十三クリング(21) -最終日-

これからここに書くことは、どれも嘘っぽいが本当にあったことである。
これが嘘なら嘘でいいけれど、それならば時間を巻き戻して欲しい。
せめて、昨夜22時に。




漠然と計画を考え始めたのは約1ヶ月半くらい前だが、実行を決意したのは3週間前の6月24日である。
自転車で20分かけて高校に3年間通ったこと以外は特に経験のない当方が、東京・日本橋を出発し、500km離れた京都・三条大橋まで東海道五十三次を自転車で行こうという計画だ。

計画を聞くと、面白がって囃し立てる人と、僕の身を案じて止めてくれる人がだいたい半分くらいだった。

僕自身も成功する見込みはあまり無いと思っていた。
まず、なによりも体力がない。運動どころか、アウトドア活動が大嫌いな僕に本当に500kmも走れるのか。歩いて10分のコンビニにすら車で行ったりするくらいだ。
そして、熱中症のおそれだ。会社の節電対策で与えられた7月の夏休みに計画を実行することにした。ちょうど梅雨があけて、猛暑がやって来る時期だ。下手すると路上で倒れかねない。
そして、歌にも「箱根の山は天下の険」と言われている、箱根峠を序盤2日目に登らなくてはならないことだ。そこで体力も精神力も使い果たすだろうと思われた。そこでリタイアするだろうとも思われた。

しかし、僕は5泊6日で東海道五十三次を走りきった。出発前の予定では、6泊7日で計画しているところを1日早めた。しかも、途中50km(総距離の10%)ほど道を間違えて遠回りして、この記録である。
みんなも信じられないだろうが、僕も信じられない。

計画は大成功だ。
大成功の秘訣は2つある。
ひとつは、「たくさん宣伝して、みんなにこの試みを知ってもらおう。そして、絶対に成功させて、みんなの人気者になろう。」という強い意志である。

もうひとつは、実際に多くの人が応援してくれたことである。
ブロクには毎日応援のメッセージが寄せられたし、Ustreamの実況中継では僕の知る限り最大20人程の人が同時に視聴してくれた。みんなが僕の道中に関してtwitterなどで語り合っているのを見て、話題の中心にいるのがこそばゆくも、嬉しかった。
みんなが僕のことを見てくれて、応援してくれたからこそ、僕は完走できた。

本当にありがとうございました。


もちろん、今回の旅は100%の成功ではない。失敗もたくさんある。
3日目には大迷子事件(21番岡部と22番藤枝の6.7km区間を15kmくらい遠回りした)を引き起こし、遭難の恐怖やらリタイアの心境やらになってしまった。その後もちょくちょく道を間違え、最終日の今日も52番・草津と53番・大津でずいぶんと時間と体力を無駄にした。

自転車に付けたカメラで風景をUstreamを中継するという試みも行ったが、これもあんまりうまく行かなかった。最初の数日は予備バッテリーが少なくて、中継時間が短かった。熱対策もしていなかったので、カメラ替わりにしていた iPod touch が頻繁にオーバーヒートした。料金の安さに釣られて使用していた某通信会社のwi-fiルーターが山奥では圏外になった。こんなことなら、素直にdocomoにしておけばよかった。

東海道の名物や名所はほとんど素通りしてしまった。
唯一名物を堪能したのは、桑名の焼き蛤だけだ。桑名駅東口の「はまぐり食堂」という店で食べた はまぐり定食(1890円)はとても美味しかった。焼き蛤が2個、蛤のフライが3個、お吸い物(蛤の身が1個)、蛤の志ぐれ煮ごはんなどがついていて、ボリュームも満足だった。店もきれいで、親切にもケータイの充電をさせてくれた。

しかし、それ以外の名物は一切食べてない。というのも、「東海道は新幹線でいつでも来れる」という安心感があり、「今回は下見と思って、気に入ったところは後日ゆっくり来よう」という余裕があったからだ。

最終日、2番目に大きな失敗は、ゴール直前でustream中継が切れてしまったことだ。僕は先を行くことに夢中で、その事に気づかなかった。せっかくのゴールの瞬間を記録に残しておいたり、みんなに見てもらったりできなかったことは残念だ。

中継されていたかどうかはわからないが、三条大通りに入って、三条大橋の前1kmくらいの地点でものすごく気分が悪くなった。ゴールの感動とかそういうのではなく、純粋に暑さでやばかったのだと思う。早くゴールしたい気持ちを押さえて、その場で立ち止まって、頭から水をかぶった。
あそこで無理をしていたら、今頃、三条大橋でぶっ倒れた後、祇園祭宵山の喧騒を聞きながら京都市内の病院で寝かせられていたかもしれない。



いや、京都市内の病院で寝かされていたら、まだ僕は幸せだったかもしれない。

というのも、本日12:30ころに京都入りしたばかりなのに、19時現在、僕はのぞみ50号に乗車して厚木の自宅に帰っている。6日間かけてやってきた京都なのに、新幹線に飛び乗って3時間あまりで帰ろうとしているのだ。

お昼過ぎに京都に着いた後、ネタとして大阪の京橋に行ってきた。
東海道の本当の終着点は大阪の京橋なのだ。大津の後、伏見、淀、枚方、守口を経由して大阪の京橋に通じる。広重の「東海道五十三次」や一九の「東海道中膝栗毛」で京都の三条大橋が取り上げられたおかげでそこが正式なゴールのように扱われているが、上記のとおり大坂まで通じているのだという。
ただし、江戸から来た場合は、淀川を下って京橋に行くのが定番だったという。そして、上記ルートはちょうど京阪電車の路線と合致している。だから、なんにも用事はないけれど電車に乗って京橋まで行ってきた。電車なら冷房が効いていて涼しいし、なんとか座席に座れたのでホテルのチェックインまで時間を潰すのに調度よいと思われた。

京阪電車を堪能し、17時ころに京都で予約していたホテルに向かった。
しかし、そこで事件が発覚した。

今朝、亀山を出るときにネットで予約したはずなのに、予約されていないという。よくよく調べてみると、9月16日チェックインで予約されているという。2ヶ月先だ。どうやら、今朝、慌てて予約したせいで僕が何かをミスったらしい。

悲劇の予約画面


京都は祇園祭の宵山で、もちろん他に部屋は空いていない。急遽ネットでいくつかホテルを探したけれど、僕の予算で泊まれる宿は一切なかった。カプセルホテルすら。
大阪や奈良でも探したが、状況は同じだった。3連休の直前の金曜日だ。1泊4万も5万もする部屋しか空きがないいない。その額を払えば、自宅と往復できる。仕方ないから、新幹線に乗って家に帰ることにした。
祇園祭は一切楽しんでいない。新幹線に乗り遅れないように自転車で疾走しながら、見物客を見物しただけだ。

奈良近辺にお住まいの知人に連絡すれば、一晩くらいは大歓迎で泊めてくれそうだとは思った。
しかし、自転車をバラして電車に乗る労力をかけるなら、厚木の自宅に帰っても同じだと思った。

6日間の体力の消耗と、ホテルが予約できていなかった精神的な消耗で、もう何も考えたくないし、何もしたくなかった。
だから、家に帰ることにした。
早朝の出発時刻も、気の置けない友人とはいえお世話になる多少の緊張感も気にせずに、自宅で気の済むまでアホみたいに泥みたいに眠りたい。それが偽らざる心境だ。


こうして、僕の人生で一番アツい夏は、間抜けなオチをつけて幕を閉じる。


情けないラストはアレなので、もう一回強調しておく。

僕がこの夏の思い出作りに大成功した秘訣は
実際に多くの人が応援してくれたことです。

本当にありがとうございました。


ゴールの三条大橋では一粒も涙が出なかったのですが、今、のぞみ50号7号車1番Aでホロリとしています。

(完)

コメント (13)

  1. 最後はちょっとしたハプニングでしたね。
    53次完走おめでとうございます。
    今日はゆっくり自宅で休養してください。

  2. おつかれー。完走おめでとう
    さっきTVで祇園祭りの様子を見ながら「あいつはどっかでビールでも飲んでるのかな?」などと思っていたんですが、こんななんとも言えないオチになってるとわ

    ところで、平田オリザという人が高校生の時に学校を休学して自転車で世界一周旅行をした後に書いた旅行記があります。タイトルが

    『十六歳のオリザの未だかつてためしのない勇気が到達した最後の点と、到達しえた極限とを明らかにして、上々の首尾にいたった世界一周自転車旅行の冒険をしるす本』

    いろいろなハプニングも含めて、「木公氏の上々の首尾」に乾杯!

    来年もまた頑張ってください

  3. 本当にお疲れ様でした!
    本当に東海道を駆け抜けられましたね!
    本当に今頃は宵山の京都を
    眺めておられるのかと思ってました!

    まさか新幹線とはw

    木公氏らしいといえばそうでしょうか。

    勇気を頂きましたよ。
    私も秋に無謀な挑戦がまってます。
    頑張ろうっと。

    きっと身体もいたるところから悲鳴上げそうですね。
    ご自愛下さいませ!
    完走おめでとうございます!

  4. 完走おめでとうございます。
    てっきりこちらで一泊して帰るのかなぁと思ってました。
    それにしても本当にお疲れ様でした。




  5. お疲れ様でした!
    事故もなく無事にゴールして、自宅まで帰れたようでなによりです(家に帰るまでが旅行です)。
    今日までに赤坂までのはがきが届いています。
    僕はもう少しだけ旅の様子を楽しめます。
    本当にお疲れさまでした。
    そしてこれからも自転車続けましょう!

  6. 三条大橋までの長旅お疲れ様でした。
    本当に達成されて正直ビックリです!
    しかも日程前倒しのオマケ付きで
    最後のハプニングは、一番の思い出になりそうですね(笑)
    またゆっくり土産話して下さい。
    今夜は、久々の御自宅を満喫して下さい。

  7. ついにインドア派(?)の快挙。先月までは自分と大差ない軟弱者だと信じてました。(ごめん)
    あらためて、すごい人だと感心脱帽いたしております。
    猛烈お疲れさまでした。これからもネタと人気のためなら勇気りんりん命をかける真の挑戦者でありつづけてください!

  8. 改めて本当にお疲れ様でした!京都のホテルは残念無念でしたねー。。。

    本来はインドア派だったAlm-oreさん、ホントにお疲れのことと思います。(今は日本時間午前2時頃なので、それこそ泥のようにお休みだと思いますが)
    旅行記を読んでいて、私まで一緒に旅をしているかのようにハラハラしてしまいました。そしてUstreamも実は初めて見ました。旅行気分を味あわせて下さってありがとうございます!そしてもう一度、本当にお疲れ様でした&快挙、尊敬です!

  9. 完走おめでとうございます。
    そして、お疲れさまでした。
    ハプニングもあったようですが
    大きな事故がなく旅が終わったこと、
    本当に本当に良かった。
    今度お会いしたとき、また色々と聞かせてくださいね。


  10. 旅行中は22時就寝、4時起床(しかも目覚まし無しで自然に起きる)というサマータイム状態でした。
    それが、昨夜は0半就寝、8時起床とすっかり通常リズムになってしまいました。

    夢を見ていて、夜中に一度目を覚ましました。自転車に乗っていて、交差点で止まりながら地図を見ているという夢でした。いやはや。

    nobugさん:
    webでの入力確認画面なんて、あまりきちんと見ないことが習慣になっていて、そのせいで予約日のミスに気づきませんでした。今度からは気を付けようと思います。


    Myfunaさん:
    平田オリザの本、バカバカしく長いタイトルで面白そうですね。
    最近、自転車ばっかりでぜんぜん本を読んでなかったので、早く入手して残りの夏休みに読んでみようかと思います。


    A15ちゃん:
    秋の無謀な挑戦、きっとうまくいきますよ。がんばってください。
    で、無謀な挑戦ってのがなんなのかわかりませんが、当然Ustream中継あるんですよね?;-p


    tksさん:
    僕もてっきり一泊してるもんだと思ってましたよ。マジスパなんばの夏祭りにも良く予定だったのに・・・。
    祇園祭よりもマジスパ祭りの方がウェイトが大きかったという・・・。


    みかん汁さん:
    消印大会に参加してくださってありがとうございました。
    募集段階ではハガキの分量を全く考慮していなかったのですが、いざ出発の段階になって、あまりにかさばるのでちょっと後悔してしまいました。
    しかし、ハガキがだんだん少なくなっていくことが途中から楽しみになってきました。それが旅の進捗を示す何よりの証拠ですから。
    最終日はハガキの束がすっかり薄っぺらくなってしまって、感激するやら寂しくなるやらでした。


    心太さん:
    僕も心太さんのことを軟弱者だと信じていたのに、最近は山登りに取り組んでいらっしゃって、「負けるもんかー」と思ったのですよ。それが今回の旅の同期の4.6%くらい(消費税以下)を占めていますよ。


    emma_ouestさん:
    応援ありがとうございます。
    Ustream中継を楽しんでいただけたようで、旅には足かせとなる機材を積み込んだかいがありました(外部バッテリーやら、充電用ケーブルやらがとてもかさばったのですよ)。

  11. 完走おめでとうございます!
    おつかれさまでした。
    おかげさまで楽しませていただきました。
    京都テレビで山鉾巡行を
    見ながら改めて、旅程を早められたのは大正解だったと思いました。
    (私は今しがたやっと空気を入れようと思ったら空気入れが壊れていて汗だくの徒労に終わる。)
    また続編があるのか、と期待してしまいますが、ひとまずお疲れが出ませんよう休養してくださいね。
    ありがとうございました。

    空気入れ買いに行ってきます!

  12. ピンバック: [alm-ore] 想い出がいっぱい: 東海道五十三クリング(25) -スタートから1年-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。